2015年10月25日

持っておいて損のない習慣

喫茶店でビジネス相談やブログなど公開する文章の書き方などもアドバイスしているので知る人ぞ知るお店になって来ました。
アイドルや歌手の育成〜活動もやってます。

どうも、大田区下丸子喫茶柊のマスター、えいすけです。

先ほど、冷蔵庫がシーンとなってまして、「あらあら、寿命かしら」とつぶやきながらも脳内で8万円から10万円の出費、と考えつつ、冷えてないとマズいもの、を移動したりしてバタバタしてました。

家族の病気などがあって、今は充分ではないモノの、固定費やあるべき出費に私は備えているタイプです。
お金がないことは、想像以上に判断力の低下を招いたり、自分では気付かないうちに殺伐とした気分になっていたりしますので、想定される出費に関しては先に確保しておこうと意識しています。
こうすると財布に残っているお金は使い切っていいお金なので、月末や支払いの時に困らなくて済むわけです。
毎月決まった給料をもらっている人には身につけにくい習慣ですが、個人事業主やフリーランスは持っておいて損のない習慣だと思います。

最近のあらゆるセールスは、固定費に手をつけてでも消費したくなるほど、「あなた」に合った商品を提示してくるので、先に使ってはいけないお金を確保しておこう、という意識を持つことが必要になっています。
年収が高いサラリーマンほど、大きな借金をしている傾向があり、年収120万円の人よりも可処分所得が低い(使えるお金が少ない)こともあるくらいです。
現代は、どの会社も安定しているとは言えないので、大きな借金をして家を買ったり車を買って、そのために楽しむ時間も勉強する時間も全部なくして働いて、500円の無駄使いも我慢するような生活をするよりも、可処分所得を多めに残して、今と明日の自分が笑える生活を目指したほうがいいですね。
不思議なモノで(というか具体的な理由もありますが)、そういう人のほうが出世は早いですし、独立しても5年以上事業を続けられることが多いです。

あなたは笑えていますか?


そんなわけで、私には冷蔵庫などの機械製品は壊れるものだからお金を確保しておく、という習慣があったので、「冷蔵庫、壊れた!今、お金ないよ〜」となって、どこかから借りようか、とか、アノお金を購入に当てて、とか心も砕きながら考えて、「壊れたら買う」というシンプルな思考ができずに気分も落ち込んでしまったことでしょう。
もっともシンプルに考えれば1秒で済んだことが、同じ出費にも関わらず、何時間〜何日ものストレスと悲観的思考になってしまうわけです。

幸い、再始動ができましたので、今回は冷蔵庫が新品になる機会は訪れませんでした。

…とか、お金のコントロールができてる素晴らしい人、みたいな文章、書いてるじゃないですか。
でも、再始動(コンセントを抜いて5〜10分後に通電が始まる)した時、

「まあ!よく動いてくれたわね〜いい子ね〜」

と冷蔵庫をなでなでしていました。

人だろうと機械だろうと、喜びや感動を与えてくれたものには、最大限の賛辞を送るのが私です。
私だって、急な出費は準備がしてあったっていやはいやですw

そんな、冷蔵庫がちょっとぐずった程度の話しから、けっこうためになるお話しをひねり出す私が昨日書いたブログがなかなかのアクセス数です。

この世の中から、あなたをだまそうとする人がひとりでも減りますように
http://hiiragi1978.seesaa.net/article/428417474.html

読んでおけば、だまされる寸前に立ち止まれるかもしれないので、時間とお金とまっとうに世の中を見る目を奪われたくない人はご一読ください。

あと、「キーワード 門松円化」でアクセスが増えてますね。
数々のライブに出演していた柊珠実やテレビにも出ているキャンディミルキィ氏と比べればまだまだですが、現在イベントに出展しているので、機会を作って足を運んでやってください。

TOKYO DESIGN WEEK 2015 東京デザインウィーク2015
http://tokyodesignweek.jp/

ASIA AWARDSヤングクリエイター展 ミュージック部門
http://tokyodesignweek.jp/2015/tokyo/young_creator_music.html

門松円化
http://tokyodesignweek.jp/2015/exhibitors/details/007229.html

喫茶柊では、テレビやラジオ、どころか、ライブハウスでもなかなか見れない、おもしろくて楽しいライブ表現を応援しています。
現在、水曜と金曜の夜にタレントがいますので、是非、ご来店ください。


喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

アイドル、歌手募集中です。
http://hiiragiproject.jimdo.com/

喫茶柊では、ビジネス相談やブログなど公開する文章の書き方などもアドバイスしているので知る人ぞ知るお店になって来ました。
アイドルや歌手の育成〜活動もやってます。

よろしくお願いしますね。

posted by マスター at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

この世の中から、あなたをだまそうとする人がひとりでも減りますように

あなたが経験した失敗で、信用したために時間とお金を失った、ということはないでしょうか?
こんにちは。喫茶柊のマスター、えいすけです。

「私は」総合アドバイザーです。
「私が」得意なのは、よいところを見つけ、よりよく伸ばせるところです。

変なところに「 」をつけていることに気付きますよね?
今回のお話しのポイントになるのが「私は」「私が」なので、囲ってみました。

今回は
「まだこんなの書いてる。うぜぇ。」
という文章を見つけたので、そんなやつらにだまされる人が減るように。
そして、「こんなやつらがまだいるのならば駆逐する」という熱情もこめて書きます。

○●なぜ、自分のことを話さずに信用させられるのか?●○

世間に埋もれている、成功していないあなたが、すんなり「そういう人」を信用してしまう心理とは、いったいどういうものなんでしょうか。
自己主張することが苦手で、自信を持ってなにかを売り込むことのないあなたが、文書を読んだりセミナーに行ったりして、同意できる意見を聞けて、気分がよくなる状況とはどんなものなんでしょうか。

「私は」「私が」と話す人を信用してはいけない、という人が、本業か副業かはともかく、セミナー講師やコンサル、アドバイザーだったらその人は素人です。
もしくは、あなたへのセールスポイントを探している人です。
あなたになにかを売りたい人かあなたに自分に都合のいい行動をして欲しい人です。
まあ、ネットで見つけた場合、だいたい後者ですね。

この導入部に共感した人はどうなるかと言うと、
なにか、売り付けられますぞ〜
あるいは、その人にしかないメリットのために、時間を奪われますぞ〜

そもそも、なぜ、自分のことを話さずに信用させられるのか?
そのためのテクニックを使っているからです。

そこには悪用心理学、催眠術、洗脳のテクニックが潜んでいる、と少しでも物事を見抜くセンスがあれば気づけるでしょう。
具体的じゃなくても「あやしい」と。

その直感は正しいのです。
これは詐欺師や悪徳ビジネスを行なう人たちのメソッドなんですから。

だまされる側から考えてみましょう。
「私は」「私が」と話す人が嫌いな人は、そのように話したくても話せない人です。

自信がない、自慢がない、自分がない、売り込む具体的ななにかがない。
声の小さい人、という表現を使うこともありますが、総じて自己主張の弱い人のことです。

だから、こういう「誘い」に「私もそう思う」という自己を肯定されたような気持ちよさにつながり、自信も自慢も自分すらないあなたが、信用という状態に似た気持ちにさせられてしまうのです。
心理誘導しやすくなった状態、前催眠状態、洗脳がかかりやすくなった段階、などになるわけです。
怖いでしょ?

さて、私は信用とかはなくてもこれがあなたに言えます。

あなたは自信が持てます。
誇らしく思えるものを持つことができます。
自分にいつでも向きあえるようになります。
あなたには望んだ世界に行くための準備が始められます。

これはよほど健康や精神を害していない人たちでないかぎり、誰にでも言える事実です。
信用はいりません。事実だからです。

だから、こんなクソくだらない「導入部」に引っかかって、事実を見る目を曇らせないでほしいんです。
自分に向きあうことを遠ざけないでほしいんです。

この恐ろしいことになるかもしれない導入部をできるかぎり忘れ去ってください。

現実はとらえどころがなく、個人個人、見え方すら違います。
しかし、自分の存在や見える世界を複雑に難解にしてしまっているのはあなた自身です。

面倒を回避したい、なるべくお金をかけたくない、時間をかけたくない、自分の今に向きあいたくない、などという要素をどれかひとつでも加えた途端、世の中は複雑になります。
自分が生きていくのが難しくなります。

それだけの差なんです。
たったそれだけのことで、うまくいかなかったり、不幸と思い続けたり、乗り越える壁が大きく見えたり、人を見る目が育たなかったりします。
つまり、わずかな差で大損してしまうわけです。


個人事業やフリーランス、芸能人は自分をアピールする(マーケティングする)必要があります。
口コミを呼び覚ます(ブランディングする)必要も出てきます。

言語事業・活動者も、実績や経歴以外で、「私」を主張できなければお仕事になりません。
人の話しを聞くのが仕事なのに、「私は」「私が」を言う人を遠ざけられるでしょうか?

今回、駆逐したい人たちは、あなたの結果を出すことが目的じゃないから、論破してくるようなしっかりとした自分を持っている人を遠ざけるために「私は」「私が」と言えるような人を否定して見せるわけです。
集まる人は価値観の似た人たちです。

そうしてセミナーやパーティで「みんな」の時間が始まります。
悪徳商売人にとっては収穫の時間です。
あなたが失うのはお金と時間とまともに世間を見る目です。

「私は」「私が」と説明をしない人がいきなり、あなたは?
という質問をしてきたとして、人は嘘をつかないでしょうか?
なんとか飾り立てて話すのが普通です。
ダイレクトに弱味を話す人もいるでしょう。

その嘘、虚栄心も弱味です。
その入手した様々な弱味をつついていけばモノを売りつけられます。
あなたの行動を支配することもそれを掴めれば難しくはないのです。

まっとうなやり方は時間がかかります。
私の場合は、それをできるだけ楽しく、おもしろく、時にちょっとエッチな、あるいは硬派に行政やビジネスの仕組みなどについて雑談することをプロセスとします。

気分よく話したい話しをしたり、お話しを聞いて心をほぐしたりして、はじめて、羞恥心、嫌悪感、虚栄心なく接しはじめ、すぐか時間をかけてかは個人差があるとしても、相談相手、仕事相手、恋愛や結婚、またはセックスのパートナーを「選びきる」のではないでしょうか?

信用や信頼で選択した師やパートナーは、それが揺らげば、そこからはずっと効果のない相手になります。

事実と自分に向き合える時間をくれる、と選択した師やパートナーは、そもそも信用や信頼は、言葉にする必要も意識する必要もないわけで、なにがあっても、たとえ人間的に嫌いな部分があっても効果的な関係性は築いていけるんです。


そもそも、話し方ひとつで信用するしないを決めるような人を「私は」使用しません。
それはあまりに人を見る目がないと感じるからです。
自信も自分もないんでしょうね。

もっと多角的に多様的に、判断する方法はたくさんあります。


この世の中から、あなたをだまそうとする人がひとりでも減りますように。

喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/
posted by マスター at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の水準次第で集まってくる人は決まっている?

ビジネスでも芸能界でも、それぞれのレベルや水準で、おおむね集まります。
どうも、今日、またさらにいい店になった喫茶柊のマスター、えいすけです。

総合アドバイザーと名乗れ、と単なるアドバイザーだった私に言った人がいたので、素直にしたがってそうしてますが、いまだにちょっと慣れません。

というわけで、アドバイザーにもアドバイザーがいますw
ひとりでできることは多いですが、ひとりで続けられることは少ないです。

さて、今回は短めに「水準」についてです。
私がアドバイスを求める人の中で、こんなことを言った人がいました。
「渡辺君はね、そもそもの水準が高いんだよ」と。
私自身の水準が高いという話しではなく、「目利き(めきき)」の水準をこの場合は指摘されました。

全然自覚のない部分でしたが、思い返してみれば、喫茶柊が開店する以前から母の交友関係に触れていましたし、開店して以後も母の水準での人間関係に触れることができました。
つまり、母の人間関係の水準が基礎になっているところはあるわけです。

会社の社長や個人事業主、有名な音楽家や当時売れていて今でも現役の芸能人とか、様々です。
純粋に母のそれは「すごいな」と今でも思っているんですが、本当に自分のことは自分ではわからないもので、同じような人たちは周囲にいるし来店もしているじゃないか、と言われて気づくわけです。

どういうことを言われたのかというと、私の「こういう人を周囲に置く」、という水準が気付かないところにあって、そういう人たちが集まるし、そうでないならそこまで引き上げている、ということ(らしい)です。

「そこまで来ない人は離れるし遠ざけてもいるだろ?」
と言われると、素直に
「そういうところはありますね」
と納得できました。実感ではなく、あくまで頭での理解ですが。

日本トップレベルの人々にダメ元でアクセスして、結果、仕事になってしまうアレコレも、そもそもその水準に対する障壁が私の中にないからだ、というようなことも言われました。

今、身近にいてサポートまでしている芸能系の3人を考えるとしっくりはきます。
ひとりはテレビ出演などの依頼がきますし、ひとりはより高い水準で次の活動準備をしています。
素晴らしいタレントたちです。
IMG_0367.jpg


そして、143人の応募から採用した新人も、私が気付けないところでも水準は高かったようです。

大規模なイベントが開催されます。

TOKYO DESIGN WEEK 2015 東京デザインウィーク2015
http://tokyodesignweek.jp/

ASIA AWARDSヤングクリエイター展 ミュージック部門
http://tokyodesignweek.jp/2015/tokyo/young_creator_music.html

門松円化
http://tokyodesignweek.jp/2015/exhibitors/details/007229.html
DCIM0957.JPG

数多くの応募者から選ばれた5人の中のひとりになってました。


私は運がいい。うれしい毎日です。楽しい出来事がどんどん起こります。
時代を貫通していくビジネスやエンタメに、喫茶店にいながらにして関われるというのは、かなりエキサイティングです。
関わってくれてありがとうございます。
というのが本音です。

自分の水準次第で集まってくる人は決まっている、と言われました。
だとしたら、私の水準は低くないということになります。
なぜなら、私の周りには素晴らしい人が多いからです。


自分の水準に関しては、やはり、自覚はないんですがね。


喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと) 渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/


posted by マスター at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。