2015年12月31日

おまけ 偉大な一歩を踏み出そう

Seesaaの全ブログ中、5000位台に入ってました。

来てくれた方、本当にありがとうございます。
喫茶柊のマスター、えいすけです。

すでに前回の記事で、年末の挨拶をしてしまったんですが、このブログの状態でのアクセスアップは単純にうれしいので、臆面もなく新しい記事を書いています。

Seesaaはひとつのメアドで、今は5個までブログを持てると思いますが、ちょっと前まで30とか作れたはずです。
Seesaaブログは200万件くらいあるんですかね?
そんなSeesaaブログは、比較的アフィリや商材販売で使われていることが多くて、そういう人はまったく同じブログをいくつも作ってて、ホットワードやらSEO対策やらなんやらかんやらしてあるんで、そういうブログが上位を占めていたりします。

ひとつ前の記事でも書きましたが、私はこのブログのアクセスアップの手法を全部取り払いました。
ブログの更新も月に5程度です。

記事内容もなにかひとつに絞っているわけでもなく、セールスライティングの技術は使いませんし、プロダクトローンチのような手法も取っていません。

そういうブログなので、5000位台ってのは、素直に喜べる順位でした。


このブログでは、私の喫茶店に来たくなるような心理誘導もしませんし、アドバイスやコンサルタントのお仕事をこのブログから得ようとも思ってません。
育成してほしいというアイドルやサポートを望むタレントの要望は今日(大晦日)まで来てるくらいですが、フリー(無所属)のタレントの育成やサポートを受ける確率は1%を切っていると思います。

喫茶柊によく来ているお客さんは、私とお仕事の関係でお店に来ている人を見ることがあります。
その人たちは、ビジネスでもエンタメでも、それが小学生タレントでも高齢な芸能関係者でも、すごい人、おもしろい人、印象に残る人ばかりだと思ってくれているでしょう。
そして、柊珠実というアイドルがいて、次に育成とサポートをしている門松円化というタレントが週一で活動するまでに、とんでもなく間が空いたことを知っています。

自慢ですが、毎日、ビジネスや芸能界から問い合わせのメールが来ます。
それは相談だったり、お店の内覧希望だったり、採用希望だったりします。

少し話を戻しますが、だから、心理誘導もセールスもこのブログではする必要がありません。
お店を行列が出来るような繁盛店にする気はありませんし、アドバイスや育成、サポートのお仕事で手一杯になりたいとも思っていません。

第一に身体が持ちません。
第二に勉強する時間がなくなります。
第三に、忙しすぎると楽しくないからです。

私のアドバイスは難しくありません。
難しくしていることをシンプルにします。

夢をかなえるまで、目的達成まで、難しい顔をしている人は大変多いです。
それはチャンスを見落とす顔です。チャンスが見えなくなっている視線です、

夢をかなえなければ不幸なんでしょうか?
目的が達成するまで楽しいこと、気持ちのいいことを我慢しなければいけないんでしょうか?

そんなことは断じてありません。
むしろ逆です。

注意すべきは、みんなと一緒を求める、同じ価値観の人同士で群れることです。
そして、仲のいい仲間といる時に周囲に迷惑をかける、自分たちの判断した物事の見方を誰になにを言われても変えないことです。

人の一生はそれほど長くはありません。
あなたらしく生きることを懸命に意識してください。
これは独立、起業、フリーになっても、組織の中にいてもです。

人生を後悔する程度なら再起も出来ますが、途中で心が死んだり、自分を殺したりしてしまうことになりかねません。

この国はまだまだ豊かです。平和もあります。
それを食い尽くしていく間を生きる日本人は、そこそこ生きていけるでしょう。
貧乏と言いながらスマホを持っているような人たちの多い国です。

豊かさや平和を食い尽くすのはあっという間です。
その分け前をもらえなくなっている人がどんどん増えていっています。
搾取しやすいサラリーマン(雇われている人たち)を増やすように社会が動き始めた時、この国は豊かさと平和を積み重ねることから、食い尽くすことに舵を切ったんです。
もう20年前になります。
これは当時の施政を調べれば転換期がわかりますよ。

つまり、そのときから、サラリーマンでいることには大きなリスクがつきまとうようになったんです。
個人で起業することや芸能人を目指すリスクよりも受身で深刻なリスクです。
ひとつは税。
もうひとつは知って考えることの放棄です。

税はご存知のとおり。
もうひとつの知って考えることは、多くの人が出来ていると思いがちですが、よく振り返ってみてください。
本当に事実を知っていますか?向きあって考えましたか?

その「知る」は与えられているだけじゃないですか?
その「考え」は本当にあなたの思考で導かれていますか?

多くの人がコントロールされるがままになっています。
声を上げて反発する人たちも基本的な思考力と知性が身についてないのでバカなことばっかり言っています。

なにが足りてないのか。
なにが必要なのか。
なにからすべきなのか。

少しは自分のなにかに染まりきった頭以外の考えを知ってください。

あなたは言うでしょう。
「でも」「だって」と。

誰かの話しやアドバイスを聞いて、それを言うのは、あなたがすでに絶望的だということを知ってください。

新年は近いです。
決意を新たにするなんてのは愚かなんでやめましょう。
思考を動かしたり変えたりしたのなら、身体を動かしましょう。
いきなり行動じゃなくていいんです。
準備体操や柔軟運動でかまいません。
おいしそうな食事のにおいをかいだり、味わったり、未知のものに触れて温度や感触を確かめたり、実際に見たり、聴いたりしましょう。
そうすれば、感じ方は豊かになります。

そうして、五体五感が少し動くようになったら、行動を新たにしてみてください。

会う人を変える。
行く場所を変える。
時間の使い方を変える。

ほんのちょっとずつでかまいません。
それを途中でやめてもいいんです。

たったそれだけで、バカで愚かで、言うことをきかないあなたの「うまくいかない度100%」から1%くらいは引く子とができるでしょう。

それは偉大な一歩なんですよ。
やめたってくじけたって落ち込んだって残る一歩なんです。

以上、おまけでした。

来年もよろしく。



喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/

DCIM0044.JPG
posted by マスター at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

そんなこと、リアルでお仕事を取ろうとする時にしますか?

ビジネスで独り立ちしよう、アイドルや歌手など芸能界で頑張ろう、そんな人に多く会えた一年でした。
昨年の夏に母が亡くなり、店を継いで1年半が経とうとしています。
自分から出向いていても、喫茶店からほとんど動かなくても「会った」という実感のある人の総数はあまり変わらないものだな、と思っています。

どうも、喫茶柊のマスター、そして総合アドバイザーの渡辺英輔です。

このブログももうすぐ6年になります。
1年以上、放置気味だった時期がありますが、アクセスは堅調で、書かなかった頃も、ブログをきっかけに私に会いに来てくれる人もいて驚いていました。

現在は月にだいたい5記事くらいアップしていて、月間のアクセス数は10万前後をうろちょろしています。
ブログを書く人が減ったのか、アクセスランキングは思った以上に上位にいたりすることもあります。
最盛期の1/30くらいのアクセス数ですね。

母が亡くなってちょっと経った時に、ブログの設定を大幅にいじりました。
facebook以外のSNSや他のブログとの連動をほぼはずし、SEO効果をアップさせる仕組みをなくしました。
理由はリアルなお仕事の個人事業主になったことってのが大きいです。
連動をなくし、検索ロボットに拾ってもらえる状態ではなくなると、アクセスは急激に落ちました。
いかに人以外がブログを訪れているのかわかって、こういう数字に広告を出している企業は能天気だな、と思ったりしたものです。

ブログ、twitter、mixi、ホームページ、facebook、LINEを主に使っていますが、それぞれのメッセージ性は異なります。
普通に使っていてもまったく作用が異なる各ツールですが、広報的におよぶ力に限ると相当違います。
この特性を理解している人は非常に少ないと思います。

例えば、実験的に新しいブログを書いていますが、はじめの記事でアクセス50。
5記事になった今では1日200程度のアクセスになっています。
このブログは長くネット上にありますし、記事数もけっこうありますので、それだけでアクセス数は稼げます。
そういったアドバンテージもないブログですが、書きようによっては「人の」アクセスを集められます。
そして、そのブログ越しにメールも数通いただいています。
実験中なのでここでは紹介しませんが、読めば「なるほど」と思えるはずです。

最近、お手伝いでとある県のホームページを見る機会がありましたが、本当にひどいものでした。
おそらく誰かがお金をもらって作ってるんでしょうが、その県民は全員で賠償請求していいレベルです。
気になったのでいくつかの県のものも見ましたが、だいたいが同じようなレベルでした。
地域を振興する気があるのか、観光誘致をする気があるのか、優れた伝統文化や工芸品、名産品や地域特有の事業などを盛り上げる気があるのか。
なんのメッセージもない。知ろうと思えない。行こうと思えない。
そもそも、意識を向けて検索した私のような人以外、きっかけもないのでそのホームページにいかない。
おそらく90%以上のアクセスう数が機械的に積みあがった数字だと思います。
ちらほらそういう仕掛けなどだけは見え隠れしていましたから。
地下アイドルのブログ以下の出来のホームページをお金出して作られてるんですよ?
これは断罪されていいレベルです。
こんなの作ったやつはおまえか!廃業しろ!、と会えたら直接言ってあげます。
みなさんも自分の住んでいるところのホームページを見てみてください。
そして、こんなのじゃダメだ!と感じたら、その声を届けてください。
そうする権利が住んでいる人たちにはあります。

と、久々に「キレた文章」を書いたところで話しを戻します。

いろいろなWEBツールでは、今はほとんどいじってないですがYOUTUBEやニコニコ動画などの映像系のサイトも利用していました。
動画サイト利用や映像制作は私の裏の顔のひとつみたいなもんですが、非常に楽しい3年間を過ごしました。

LINE以外ではそのすべてのツールで人とリアルに出会い、お仕事も得てきました。
YOUTUBEやニコニコ動画に関しては予想外でしたが、ほかは意図的に誘導していたところもあります。

なぜそういうことが出来るのかと言うと、私は匿名の人と会うのが怖くないからだと思います。
知らない人に会うのは緊張しますが、これは私にとっては知っている人に会う緊張感と大差ないんです。

リスクもそう変わらないだろうと思っています。
何度も仕事をしている人と初めて仕事をする人のリスクの差もあまりないと感じています。
22年もいろんな職種、年齢の違う人と会って話すような仕事をしてきたからですかね。
そういう視点から見ると、多くのブログ、SNS、ホームページはとても独りよがりのルールを他人に守らせようとしているように感じます。
そんなこと、リアルでお仕事を取ろうとする時にしますか?

ビジネスで独り立ちしよう、アイドルや歌手など芸能界で頑張ろう、そんな人に多く会えた一年でした。
店を継いで1年半が経とうとしています。
自分から出向いていても、喫茶店からほとんど動かなくても「会った」という実感のある人の総数はあまり変わらないのは、まっとうにお仕事が出来ているからかな、と思っています。

私は渡辺英輔です。
大田区下丸子の喫茶柊にいます。


本年はありがとうございました。
来年もご贔屓に、そして、うまいこと利用したおしてください。



喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/

DCIM0023.JPG


posted by マスター at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

起業して生き残れない人たちに不足しているのは…

起業して5年後に生き残るのは15%、10年後は6%、という数字がありますが、
フリーランスとして法人格を持たずに仕事をはじめる人もいますので、
実際は5年後に10%以下、10年後は4%以下、といったところです。

どうも、喫茶柊のマスター、えいすけです。

上記の数字を見ると、成功する確率が低く感じる方も多いと思います。
私から見ると「そんなに確率が高いのか」という印象です。

なぜなら、ここには起業するには元々、不足していた人たちが含まれているからです。
不足している人たちは100%、生き残りませんから、それを含めて10年後に4%も残るかな?と感じるわけです。

生き残れない人たちに不足しているのはなんでしょうか?
それは、準備不足、覚悟不足、そして、資金不足です。

準備は、勉強や調査、技術の取得や向上もまあまあ大事です。
これらは失敗する人の20%くらいはやっているでしょうが、もっとも大事なことが抜けています。
それはなんでしょうか?

覚悟は、失敗した全員ができていると錯覚しているか、現実逃避の果てにそう思い込んでるのか、独立することのファンタジー(自分の想像上のサクセスストーリー)で塗り固めてはいるものの、実際の本人のメンタル弱々かなので、できていないことが多いです。
覚悟の中のひとつには「やめる理由を探さない」というのがあって、これは重要です。
しかし、もっとも大事なことがあって、多くの人ができていません。
それはなんでしょうか?

資金不足は言い訳になりません。
しっかりとした金額を出す必要はありませんが、このくらいはかかる、と「人件費や外注費を抜かずに」計算してください。
事業によって異なりますが、それでもスタートアップに200万円〜300万円程度で済みます。
製造業の機械も一括で買うわけではありませんし、不動産や株、FXをはじめるのにも不足はありません。
言語活動(コンサルタント、アドバイザー、コーチ)や芸能活動なら100万円でスタートはできます。
※言語活動者は、そう名乗る以前に知識、技術を得るための時間と資金を投下していることは前提です。
これくらいを自分や人、モノに投下できないのなら、そもそも起業してはいけません。
これ以外に交際費、交通費、生活費はかかります。

サラリーマンなど、雇われているのと違って、自分ですべてをそろえなければいけないのが起業です。
その分、報酬もリターンも大きいですし、会社から負わされた責任に比べて、自分で背負ったリスクで心を病むことは少ないです。
おそらく自殺率は比べものにならないくらい少ないはずです。
そもそも自殺のほとんどは他人か社会に殺されている場合がほとんどですから。

さて、今、お金がない、でも起業したい、と思っている人に足りないのはなんでしょうか?

この3つに答えられる人は、生き残る可能性のある人の中に入るでしょう。
生き残る確率は50%以上はあると思いますよ。

三つの答えを出してみてください。
正解なら成功確率は桁違いに上昇します。

さらに、これを80%以上に高める方法があります。

これは答えを書きましょう。

それは、失敗をすることです。
大失敗のほうが好ましいです。


商品が売れなくて倒産したり、資金が底をついて破産したり、だまされて一文無しになったり、対人関係や暴力などで心や体にダメージを負ったり…

これらは再起さえできればあなたのビジネスにとっての祝福になるでしょう。

再起すれば、生き残り確率のそもそも高めてあるわけですから、再起した数だけ成功に近づきます。
大小あわせた失敗の数だけ限界を突破していけます。

さて、三つの答えはわかりましたか?

必要な準備の中でもっとも大事なことはなんですか?
ビジネスをしていく覚悟の中でもっとも大事なことはなんですか?
今、お金がない、でも起業したい、と思っている人に足りないのはなんですか?

どれも簡単なことで、ほとんどが誰にでも準備でき、覚悟でき、補うことができることだと思いますよ。


実は、これらの答えは、ずっと私がブログに書いてきたことばかりです。

これらの答えは、芸能界で生き抜き、成功していくのにも必要なことばかりです。
ですので、私は芸能関係でのアドバイス、育成でも実績を上げていけています。

会社で出世するためにも、よりよいパートナーを得るためにも、幸せな人生にしていくためにも共通して必要なことです。

あなたには準備ができていますか?
あなたには覚悟がありますか?
そして、あなたには資金がありますか?

この三つが揃っている人の5年後に生き残る確率は50%を越えると思います。
この三つを揃えていて再起さえできれば、この確率も収入も幸福度もどんどんあがります。

三つの答え、一所懸命に考えてみてください。


現在、大富豪と言われている人たちのほとんどが破産、倒産を経験しています。

失敗して絶望してください。

絶望こそ古い世界の出口なんです。

孤独、寂しさ、絶望の過程をしっかりと歩んでください。
その先に必ず新しい世界が待っていますから。

それはつまり、自分に向きあうこと。
今の自分の身の程を知ること。

これを地に足をつけると言います。

地に足のついていないビジネスは儲かりません。3年続きません。
(サークル活動のようにグダグダと続くことはありますが)

地に足をつけてください。
そうすれば、必ず生き残る糸口が見えてきます。

踏ん張りましょう。


喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/

DCIM8114.JPG

posted by マスター at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする