2016年01月11日

お互いの好きを尊重できること

アクセス解析を見ていると、どんなキーワードでこのブログに辿り着いたかわかります。
facebookにリンクをシェアしていますが、このブログはその程度しか紹介していないので、インターネットで検索するしか新規の方が辿り着くことは少ないと思います。
このブログでは最近はタグもつけていません。
なので文章中のワードが引っかかってはじめてブログに来てもらえるかもしれない、となるわけです。

それでも毎日3000アクセスくらい、多い時で5000アクセスくらいいくのは、蓄積している記事の数のおかげです。
削りに削っていますが、それでもまだ1000記事くらいあります。
なんでも続けるものですね。

そんな検索ワードの中で、見逃せないワードがありました。

それはなにかと言うと、「蒼穹のファフナー」です。

蒼穹のファフナーは私が大好きなアニメですが、6年前に取り上げてはいるものの、このブログで最近、書いた覚えはありません。
タイトルくらいは出していると思いますが。

ただ、facebookで蒼穹のファフナーEXODUS(アニメ第二期)のセリフなどを書き出してたりしていますので、そういうことがめぐりめぐって検索ワードとして反映しているのかもしれません。

昨年末に終了した蒼穹のファフナーEXODUSを、私はものすごい回数見ています。
深夜2時〜3時くらいに放送されていたのをリアルタイムで視聴し、その場で録画したのを観るのが普通です。
(翌日6時50分起きなのによくやる)
当然、放送日から次の放送まで1週間あるわけですが、この期間に1話から見直すのは普通です。
それどころかアニメ1期、テレビスペシャル、劇場版を見直すこともありました。
仕事と犬の散歩の時間以外のすべてを蒼穹のファフナーに捧げた期間でした。
とても幸せな時間でした。

こんな状態なので、どんな話題からでも蒼穹のファフナーネタに持っていけるわけです。
うるさいったらありゃしないわけです。

さて、そんな状態の私のお店で毎週歌ってくれている柊珠実(ひいらぎたまみ)というアイドルがいます。
柊珠実POP画像.jpg

彼女は現在、ゲームの「シュタインズゲート」および新作のゼロにハマっています。
仕事と活動とその準備の時間以外をほとんどシュタインズゲートに捧げているわけです。
そんな状態なので、どんな話題からでもシュタインズゲートネタに持っていくわけです。
うるさいったらありゃしないわけです。

ただ、お互いにその作品がすごく好きなのはわかっているので、お互いの言っている話しの99%がわからなくても楽しい気分で聞けるし話せるわけです。

お互いの好きが尊重できるのはいいことですね。

喫茶柊は、そんな環境でもあるんですよ。

あなたの好きはなんですか?



喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/


※プリキュアっぽい柊珠実のイラストは柊珠実自身が描いたものです。






posted by マスター at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

意識しないと徳を失い、知性がないと志を失う。

ぐっとわかりやすくすると、徳=人気、知性=物事の取り組み方、となります。
なので、タイトルを直すと、意識しないと人気がなくなり、物事の取り組み方がなってないと志を失う、となります。

○意識をする

意識をする、というのは、自分がこうありたい、とか、他人にこう見られているという自意識のことではありません。
もちろん、できてもいないことやわかってもいないことを自慢することや、できていない・わかっていないのにアドバイスや説教をする(わけがわからんがこんな人がたくさんいて困る)という、俗に言われている「意識高い系」のような意識(有害な自己顕示欲の発露)ではないですよ、念のため。

ここで言う「意識する」というのは、他人にどう見られているか(どういう意図で見せたいか)ということです。

というわけで、意識しないと徳を失う、は、他人にどう見られているか(自分をどう見せたいか)を考えていないと人気を失う、となります。

ほとんどの人が洗脳レベルで間違えさせられていますが、まず外見、次に姿勢。
話し方なんてのはそのあとなんです。
芸能人で言えば、歌やダンス、演技なんてのは、さらにそのあと。
ビジネスマンで言えば、知識や情報量、技術、技能のずっと前に必要なことですね。
そんなことからはじめられると勧めている情報系、教育やレッスン系の商売がいくつか思い浮かびませんか?

外見、姿勢、挨拶、しぐさ、声のトーン、咳やくしゃみの音、におい、話しの聞き方、話し方、切り替え方、切り上げ方、約束の仕方…

ごくわずかなこれらを意識できるようになるか、注意してもらえたり良く紹介してくれる誰かをそばに置くことで意識させられるか、は、成功したいでも幸せになりたいでも重要な起点となります。

見られている、見せている、という感覚を持つことで、どれだけの見た目のアップ(美容)効果と健康効果が得られるか、実行して体感してみてください。
適切な指導を受けた笑顔の練習だけでもし続ければ、よい感情になりやすくなり、楽しさや気持ちよさが桁違いに跳ね上がっていく感覚を知ったほうがいいです。
成績だって面接突破だって人間関係だってよくなりますよ。

多くの人が難しいことから取り組みすぎている、と私は知っています。
また、それは自分で選んでいるように感じているでしょうが、多くの場合、売り手のテクニックでそういう意識にさせられているんです。

少し具体的な話しをします。
お店をやっていたり、ご近所づきあいをよくしたいなら、よい表情で家の外を掃除するべきです。
会社の周囲などでも意識をして掃除をするべきです。

意識をしないと、他の人の出したゴミ、吸殻、タンなどに文句を言いたくなります。
私もお店を持っているので毎日のように店の周りを掃除しますが、意識しないと落ちているゴミや吸殻に対して眉間にしわを寄せてイライラします。
こういう感情は顔に出ます。しぐさに出ます。声に出ます。
もちろん、他人にはマイナスに伝わります。
集客や評判に影響するので、単に掃除をすればいい、という話しではないわけです。

人は、強く意識しなければ、なんでも批判しますし、非難がましく物事をとらえますし、まず否定から考えたりします。
なにも意識しなければ、なんでも悲観的にとらえますし、マイナスの感情を優先させますし、やらない言い訳を無数に生み出します。
強く意識する、というのは面倒ですが、そんなのははじめだけ。
なにかひとつでも強く意識して実行して、それを習慣にできれば、他の事も釣られてできるようになります。

○志

志、というのもわかるようでわかりにくいですよね。

こうとらえるとどうでしょう。

「当初の目的」。
はじめに見た夢。
なにかはじめようと思った衝動。
なりたい、と思った未来の自分。

「こころざし」なんて言葉を理解せずに乱用するからわからなくなるものです。
理解するには、勉強も大切ですが、勉強で得たことを実行に移すためのカスタマイズが必要です。
これが準備です。

誰にでも得ることのできる情報、知識を自分の言葉や行動にするためには我慢や胆力(度胸)が必要です。
これは習慣で身につけるものです。覚えたくらいでどうにかなるもんじゃないですね。
そして、利益に変えていくためには、志に共感、共鳴させて、自分ではない誰か▲○○することです。

▲は助詞です。
「と」「を」「が」とかですね。
○○にはいろいろ入りますが、正解は少なく不正解はたくさんありますのでご注意を。
もっとも愚かな不正解は「を」「仲間に」とか「と」「団結」とか「コラボ」とかですね。

ちなみに利益はお金に限りません。
楽しさや気持ちよさ、幸福感も利益です。

目先のことにとらわれ、欲におぼれたり惑わされることはあっても向きあったことがない人は正解を出せても動けないし、動いてもうまくいかないでしょう。

なぜでしょうか。

知性が圧倒的に足りないからです。

知性とは、はじめに書いたように、物事の取り組み方です。

やってみるための準備をすることや、失敗したあとに再起することです。
これが適切だったりすばやかったりすることを知性がある、知性的だ、と言います。

知性は磨けます。
磨けば磨くほど、行動することが怖くなくなります。
迷う時間、悩み時間が減っていきます。

知識やデータ、テクニックやスキルがあっても、それが活かせていない人、利益につながっていない人は、意識すべきことを意識していなかったり、知性がまったく足りていない場合が多いんです。

意識しないと徳を失い、知性がないと志を失う。

そして、物事や対人のとらえ方をよく理解していないと、時間とお金と情熱を失いやすくなったりします。

なるべく失うものを少なくしていきたいものですね。




喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/


柊の花言葉は「先見の明」
DCIM0104.JPG



posted by マスター at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

なぜ、それを無駄と思うのか

ビジネスになっている人となっていない人、あるいはすぐにダメになってしまう人の差に改めて気付かされました。
今回はそんな話題。

どうも、喫茶柊のマスター、えいすけです。
現役の総合アドバイザーでもあります。
小さいほうの中小企業〜フリーランス、まだ非法人だったりするビジネス、芸能界の事業面、タレントの育成などでちょいちょいお仕事させていただいています。
現在の主軸は喫茶店ですが、主軸の喫茶店でアドバイザーもしているので、会うまでは簡単です。

今日は午後から、先輩や私のアドバイザーのところに年始の挨拶に行ってきました。
どちらも年に2〜3回も会えばいいほうなんですが、喪中の時以外は4〜5日に行くことにしています。

大晦日から正月三が日までは、寝巻き代わりのスウェット〜全裸で過ごしていましたが、さすがに新年のご挨拶にだらけた恰好で行けないので、久々に襟付きのシャツを着ました。

6日以降はビジネスが動き始めるので、クライアントなどのところに行きます。
後輩やプロジェクトメンバーのような並列に位置する人たちのところには行きません。
「そのルールで正しい」と改めて言われたので、来年もこうします。

そのルールとは、後輩、同輩に招かれたら行くかどうかを考える。
後輩、同輩にもてなしを受けたらお返しをする。
という程度の単純なモノです。

どんなに働きがよくても、気に入っていても、私のようなフリーランスは、こっちから後輩、同輩を招くことはありませんし、もてなすことはしないほうがいいです。
なぜかと言うと、なめられるからです。

そんなことしたら人が離れていく、と思うかもしれませんが、離れていってなにか不都合がありますか?
少数派とはいえ、私のような仕事をしている人やこれからはじめようと思っている人はけっこうたくさんいます。
その人たちと新規に組めばいいんです。
古くからの知り合いだろうと新しく組む人だろうとリスクは変わりません。
ビジネスマンも芸能人も同じ理屈で捉えています。

ビジネスになっている人となっていない人、あるいはすぐにダメになってしまう人の差はそこなんだよ、と今日、言われました。
離れていく人に振り向いたり、その人を追いかけたり、手まで伸ばしたりする人は、向上心がないのと同じだとも言われました。

うかつにも、「そんなの知ってるよ」と思いかけましたが、そのことについて他人から言葉で聞くのは久しぶりだったので、ビジネス上の対人関係について、改めて今の年齢、つまり、ほとんどが後輩になっているようなキャリアの先輩になっている自分を意識することができて、パリッとした気分になりました。

何度同じことを聞かされても違うことに気付かされる、という経験をくりかえしているので、私も同じように何度も同じ話を後輩やクライアントにすることにしています。

さて、タイトルの「なぜ、それを無駄と思うのか」も、ビジネスがうまくいくかうまくいかないかの差についてのお話しになります。

年始の挨拶やお年賀(お菓子など)を無駄と思う人が多いです。
サラリーマンならしばらくは同じ顔ぶれなので、こういう習慣が風化している(あえて禁止しているところもある)ところもありますが、個人事業、企業のの経営者、芸能関係者などが、ここに費用対効果や効率を持ってくるのは明らかに間違いです。

年始の挨拶には交通費がかかります。時間も取られます。
お年賀も2,000〜3,000円ってわけにもいかないでしょう。
出向いた先にお子さんやお孫さんがいればお年玉も用意しておかなければいけません。

金銭的余裕がたまたま無くて出来ない、ってのはわからないではないですが、知っていてしない、しないための言い訳がお粗末、というのでは、今後、ビジネスや活動でうまくいかないと思います。

とはいえ、年始の挨拶は、私も考えてやってるわけではないので、うまいこと説明もできないんですが、これを無駄と言われると反発的な心理になります。なんで?と。

したほうがいいと思うけど面倒くさい、と言い切ってしまう人のほうがはるかにいいです。
費用対効果だなんだと言われると、それは違うぜ、となるわけです。

そもそも、お年賀代は経費外、にしています。
お礼のために飲食を共にした場合、領収書はもらいません。

お礼とはいえ、時間を割いてくれているわけです。
そこで「領収書ください」と言っていたらなんか台無しじゃないですか。

時間もお金も大切です。
だから大切な人のために使うんです。

それは、無駄なんですかね?




喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL

http://hiiragiproject.jimdo.com/

posted by マスター at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。