2016年03月14日

「君」が叶えたいことにベストマッチのなにかを見つけるには

夢や目標を持つ人は、その力になろうとしている人たちの存在を忘れてはいけませんよ。

太田隆文監督のブログです。
夢を追いかけた俳優の卵たちの悲しい結末。でも、そこから現実を見つめる。
http://aozoraeiga.blog.so-net.ne.jp/2015-01-11-1

━━━━━━━━━━━━━
どうも、喫茶柊のマスター、えいすけです。

確定申告、終わりました。
1〜3月上旬までが、確定申告でバタバタする時期ですが、アドバイザーとしても繁忙期だったりします。
年度末ということもありますし、新しい仕事、活動、生活を始めようとしている人も多い時期でもあります。

夢を持った(と思い込んでいる)人の多くは、夢を浅はかにかなえようとしています。
現実からの逃避だったり、それしかないと錯覚してたり、そういう自分に自己陶酔していたり(恋をしているような気分になっていたり)します。

世の中は思っているよりも少しは複雑で、「君」が思いつく程度のことは「誰もが」思いつくので、与えられよう、教えてもらおう、方法を知ろうと思うと、それを利用して儲けようとしている人たちを引き当てることになります。

ほとんどの場合、「君」が叶えたいことにベストマッチのなにかを見つけるには、言葉の質と量が共に足りなすぎます。
知性になっていくベースがない、と言い換えることもできます。
そのベースを教養と呼ぶこともできます。

なにか強力なキーワードがないと、現実でもネットでも正体を見極めるのは難しいのです。

誰もが思いつくようなキーワードをどんなに並べようと、なかなか本当に必要な人や欲しい情報にはたどりつけません。

求めていることに意外な着眼点のキーワードを足してはじめて有効な絞り込みができます。

残念ながら、夢を見始めた人や追っている人にはこのセンスがないんです。
これは仕方のないことです。
この時点(この時期)に、そんなセンスがあったら情熱なんてすぐにさめてしまいますから。

発想の視野が狭くなる、とも言えますが、夢に向かう気持ちの純度が増しているからなので、悪い傾向ではないんです。

ただし、無防備にもなります。
その意味では、着眼点をずらす、多角的にモノを見る人間を加えることが有効になるわけです。


━━━━━━━━━━━━━

喫茶柊(きっさひいらぎ)は、東急多摩川線「武蔵新田」駅から徒歩6〜7分、下丸子図書館の近くの交差点の角にあります。

喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔(わたなべえいすけ)
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。

DCIM8114.JPG


posted by マスター at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。