2016年04月18日

ミクロ戦略をセミナーで学ぶ矛盾

ミクロ戦略、という文字列はどうにもしっくり来ないんですが、そこらへんはネットで調べてもらえればわかるので、この記事ではあえて「ミクロ」にダイレクトに「戦略」と表記して書き進めますね。

さて、テレビでも取り上げられるようになった比較的新しい戦略論ですが、果たしてセミナーで学べるものなんでしょうか?

なんでこんなことを書くのかと言うと、最近、珍しくセミナーの講師を頼まれたからです。
一時期、ビジネス向けのは断り続けていたので、教育や支援関連、裁判員制度でお話しして、という話しはちらほらあるものの、この筋からの依頼はすっかりなくなっていました。

お題は「ニッチ戦略」「ミクロ戦略」
そこでのショップとお客様の双方向なネットや動画、写真利用について。

2010年以前から個別のアドバイスなどで話してきていることを「今風(いまふう)」に話してほしいというものでした。

懐かしくも東日本大震災以前にクライアントになった方たちからの依頼で、テレビにもセミナーの様子は取り上げられるという。(放送されてましたね)

メディアに乗っけるのに「いくら払ったの?」と聞きそうになりましたが、断っているのに聞くのも失礼なのでぐっとこらえました。

結論から言うと依頼は断りました。

お断りした理由は、まず、ギャラが安すぎたことです。
いくらかは書きませんが、相場を完全に見失った金額提示でした。

次に、お題がいずれもセミナー向けではないこと。
特に参加者はミクロ戦略のほうは誤解することでしょう。

そのまま(彼らが狙っている)コンサルに誘導できたとしても、成功事例をそのままなぞれないし、カリキュラムでどうこうできるものでもないので成果が期待しにくくクレームが予想されること。(そういうところに関わりたくないのだ)

などなどありましたが、彼らの思いはともかく、結果的にあまり質の高くないコンサルビジネスになるんじゃないか、というのは私の直感としてまずあって、これは関わりたくないな、と思ったのが最大の理由でした。

前にも何度か書いてますが、ビジネスロジックは知られた分だけ売り上げを下げます。
なので、有効なビジネスロジックを公開するのはよほどのお人好しか、もうたいして儲からなくなったロジックだからかのどちらかです。

これは質のよくないセミナーの売り物によくありますね。

今回の例も、メディアにとっては目新しいかもしれませんが「私たち」にとってはすでに研究を進めているものです。
その入門編をセミナーで受けよう(安く上げよう)という参加者も不勉強極まりないですが、そこにつけこむのがよくないほうのセミナービジネスなわけです。

「いいじゃん。儲けちゃえよ」という悪魔は私の中にもいるので確かにささやきました。
でも、薄皮一枚のプライドが未来の私をいつでも守ります。


セミナーに行った人たちへ。
その日、手にいれたロジックは過去のものです。
どうか、未来を探る手がかりにしてください。
そうしないと時間とお金を損したことになるので。

そのまま使ってみても、決してすでに成果を出している企業などの10分の1の成果にもなりません。断言してあげます。
そもそも、とても新しい戦略です。
ちょっと難しいですが、きちんと理解するために勉強すれば、個別に成果を切り拓きつかむことは充分にできます。

そんな話しを聞きにいくより地道にやりなさい。
そうすれば、今あるリソースを活かす方法を思いつけるはずです。
ニッチやミクロなどの戦略は、どんなに立派な企画を実行しても、お客さんと対面する人が育成できていなければ瓦解するものです。

昔、「ブレスト」という言葉と上っ面の意義だけが若いサラリーマンに蔓延した時、いくつかの会社で人間関係が険悪になったことがあります。
そして、現在、20代後半から30代前半の「会議」への批判、非難、否定があたりまえになった遠因にもなっていると感じられますし、団塊の世代付近が根付かせた反射的な「異議あり」行為同様、生産性を結果、下降させています。

同じように、ニッチもミクロもその戦略は先輩や上司には受け入れがたい部分をたくさん含んでいます。
それでもやらなくてはいけないのは明白ですが、そこには地道で繁雑なプロセスがあります。
これを理解してください。
そこには理不尽に耐え、古いと感じる仕事を我慢しながらもこなし、実現に向けてコツコツと事実を重ねる「仕事」が待っています。

新しいことをすぐに受け入れてくれる大人は少ないんです。

今後必ず要(かなめ)になる戦略ですが、セミナーで話しを聞くんじゃダメです。
確実に後発になります。あるいは利益をかえって下げます。
マス・マーケティングのほうが有効な事業はまだまだたくさんあるんです。

最後にアドバイスを。
こういうお話しは、お金も時間もかけて、密かに自分だけが聞けるようにしましょう。
そうすれば、大出世の確率も、企業の利益の増え方も、あなた自身の達成感や充実感も、みんなで授業のように聞くより何十倍、何百倍にもなる可能性が高くなりますから。

こういう考え方も基礎なんです。
基礎からしか応用はできません。
物まねや応用から覚えた人も、継続できている人は、結局、基礎を身につけていくものです。

基礎が欠けすぎていれば、有効、有益な話しを先に聞くことはできないでしょう。

様々な物事にはそれぞれ基礎があります。
基礎はけっこう共通していたりします。
その多くが欠けていると、自分自身も、自分が今いる場所についても、あなたがわかることができない、ということなんです。

これは不幸ですし、つまらないことだと思いますよ。


喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。

DCIM0044.JPG



posted by マスター at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

あたりまえのことに手間をかけることをほとんどの人がしない

「自分の資産を増やす、ということ」、という記事を書きましたが、もう少し具体的な話しを書こうとふたつに分けました。
これが後編です。

誰にでも必要なリソースについて書いていきます。
一般的に入手可能なモノを用意しておく、あたりまえで簡単なことを行なう、ということなのでシンプルです。

昔話を例に出して書いていきましょう。

ずいぶん前、私がまとめて企画を書いたクライアントからメールがきました。
冒頭の「命がけで」という言葉を他の言葉に変えたいので、私の考えを聞きたいとのことでした。

その相談に文句があるわけではありません。
彼は企画提案から作成までの費用を支払っているので、書き直すのはクライアント側の仕事ではありません。
なので、それについて文句はありません。

しかし、本来ならクライアント自身が答えやアイデアを出すべき疑問や頼みごとがとても多いのが事実です。
どういうことかと言うと、いくつかの考えがあって、それを選択したりブラッシュアップしたりするほうがクライアントのブランド(個性)のためにもなりますし、なにより企画完成までの時間が短縮できます。

こんなことがそこそこ続き、誰もが所有することができ、手元に持ち、使えるリソースについて考えさせられました。

1つは、辞書です。
例えば「命がけ」という言葉を調べるとその説明や関連ワードを知ることができます。
これで検索ワードは確実に増えるので検索して類語を調べれば、意味を変えずにたくさんの言葉を得ることができます。

辞書そのものもいらないのでは?と思うかもしれませんが、PCやスマホは使えなくなる時もあります。
余計な雑音が入りやすいこともあります。
便利な機器を使えないシーンもあるかもしれません。
こういう理屈以外にも、特化したモノを独立して持つ、ということそのものにも効果があるのですがそれについては別の機会に。

私は辞書を愛用しています。
普通の辞書と広辞苑、漢和や類語、クロスワード用の逆引き系、英語、フランス語など8冊くらい持ってます。
どれも古いものですが、使えますよ。
資料を読む時などにも大いに役立ちます。

もうひとつ。
よくある相談のうちに入ると思いますが、目的とする関係者たちにメールを送ったが返信がなかった人という悩みがあります。

私は質問します。
「なぜ返信してもらえなかったのかを解明するために、その時すぐに誰かにアドバイスをもらったり、番号のわかる相手に電話をかけてみたりしましたか?」
と。
すると、だいたいの人はきょとんとします。
え?とも言わずに無表情か不機嫌そうな顔になります。

私にとってのあたりまえなので、なぜそうしようと思わないのか不思議ですし、聞いて「そういう風にすればいいのか!」と気付いてもらえないのも不思議です。

すぐに誰かにアドバイスをもらうことについては、「この程度のことで高い費用を払えない」とか「そんなことを聞くのは恥ずかしい」でしょうし、相手に電話をかけることについては、「そこまでしたら失礼」とか「どう切り出したらいいかわからない」でしょう。

だからうまくいかないんです。
この場合、だから返信をもらえないんです。
それを放っておくと来もしない返信を待っている時間を無駄にしますし、高いと感じている費用以上の利益を上げる機会を毎日のように損をし続けるわけです。愚かです。

こういった基礎中の基礎が染み付くとおもしろいことも起こります。

何年も前、居酒屋であるビジネスのアイデアを話している声がして、おもしろそうなので後日それを真似しました。
私が実行した時も後も競合はいませんでした。
つまり、話しているだけで実行しない自発性が欠けている人がほとんど、ということがわかりましたし、ちょっとだけ儲かりました。

このことは、誰にでもチャンスは豊富にある、ということの証明です。

こんなこともあります。

仕事に穴が空いて儲けそこなったとき、ネットを見ると、掲示板に「仕事を探している」人が何人もいて、新聞を見ると「求人」の広告が載っていました。

私の仕事がダメになった暗い顔はすぐに明るくなり、家にいるまま数回連絡をしました。
つまり、「仕事を探している」の人からプロフィールを預かり、「求人」している広告主にその人たちを紹介したんです。

どちらも、他の広告欄を見たりネットで調べたり、自分で電話をかける、という簡単なことさえもしなかったので、おかげでちょっとしたお小遣いにはなったわけです。

というわけで、もうひとつのリソースはわかりましたね?

電話をかけることではありませんよ?

あたりまえの手間をかけることを面倒がらなくなる自分のことです。
それがなぜリソースになるのかというと、あたりまえのことに手間をかけることをほとんどの人がしないからです。
それができるような自分になれば、すぐにでもちょっとしたお小遣い稼ぎはできると思いますよ。



喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。


DCIM0023.JPG
posted by マスター at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の資産を増やす、ということ

リソースについての記事を書いたところ、そこそこの反響がありました。

リソースはいつでもある

前向きな内容が多かったのですが、「そんなことでは成功できない」「お金にならない」という感情的な反発も多かったです。
こうした反発は文章を読んだり、人の話しを聞けない人の特徴なので放っておきましょう。


笑顔や穏やかな表情、状況に応じての挨拶や何気ない「すみません」のひと言が、どれほど大きな利益につながっているかイメージできないまでも、自分も他人もストレスを減らせるのだ、という実感がないまま20歳を過ぎてしまった人たちが、この「ヒューマンリソース」とでも言うべきものを持つことは難しいのかもしれません。
そして、このヒューマンリソースがないことがモノやお金、コネクションといったリソースをも遠ざけます。
中学校に入ったとたん、どんなにしつけをして礼儀作法を身につけさせても、このリソースが失われていき、高校、大学、就職活動で壊滅的に失われます。

なぜでしょうか。

学校、進学、就活、就職というシステム、そこに思考、行動をハメこむ家族を含む大人たち。
グループやコミュニティのルールを重要視する同年代、同価値観の人たち。
自分の時間を細切れにして集中してなにかに取り組んだり、思考を深めたりするマイクロコミュニケーション。
平等を標榜した結果、自主的に階層化・差別化するスキームが裏常識のようになってすでに覆しにくく、
政治家や企業で働く人たちを見るだけでイジメを真似し、大人の姿を見て道を広がって歩いていいとし、街角でたむろして話すようになる。

子供〜若輩は大人の社会を模倣するんです。

知識と技術があることを評価基準にするカリキュラム、ランキングは学習として有効な面も多いですが、それ以外の事実を知ることを遠ざけられ、新しい発想することで目だってしまうことをおそれる精神を若いうちに根付かせる要因にもなっています。
これは今後激変していくサラリーマン社会でもライバルの激増するフリーランスや個人事業の業界でも不利になることばかりが身についていると考えられます。

思考や行動を旧来の社会から「浮かないように」するためだけの思想教育と成績評価学習によって出来上がった人間のできる仕事は、今後20年でほとんどがコンピュータやマシーンでできるようになってしまうからです。

この10年、起業した人が右肩上がりで10年後にいない確率をあげ続けていることの原因にもなっていると私は確信しています。

学校に行くな、という話しではありません。
週にほんの数時間でいいので、ルーチンからはずれたまとまった時間を持ったほうがいいでしょう。

つまり、家庭、学び(学校、塾、習い事)以外のサードプレイス(もうひとつの場所)が必要、ということです。
学校が合わない子には行かなくてもいい、という許しがあってもいいでしょう。
フリースクールは対人関係でもつれた子にはいいですが、学校そのものが合わない子にとってはやはり苦痛の場所です。
社会の需要はこの数年だけでも大きく変化し、多様化、双方向化しています。
学校や企業、エンタメのシステムそのもの、ハードウェアがすっかり需要に追いつかなくなっていっていることも貧富の差を拡大させる一因にもなっているのは明らかです。

学生のうちはバイトや仕事を始めたのであれば、そこがサードプレイスになり得ますが、社会人の場合、個人事業主から大企業での勤め人にも第三の場所は必要でしょう。

もうひとつ居場所を持つことによって、ヒューマンリソースの充実、拡張、発展、あるいは再生は大いに期待できます。

簡単に言えば、違う価値観、年齢の人と会って話すことが、自分の資産を増やす、ということです。

これがわかっている人がごく少数でもいるので、私の仕事は喫茶店もアドバイザーも成り立っているのです。

つづく



喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。


DCIM8114.JPG
posted by マスター at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。