2016年04月04日

あと一歩というところ、とは

あと一歩で、もう少しで、と、なにかになりたい人、なにかを売りたい人、なにかをつなぎたい人、自分自身が有名になりたい人などでアクションを起こしている人は思ったり言ったりします。
そんな場合は、だいたい一歩どころか1000歩でも足りず、もう少しどころか全部できてなかったりします。

本当のあと一歩とは、どんな状態のことなんでしょうか。

これは、成果が出るかわからないことをやれてしまっている人にはつまらない話しになります。
また、成果など気にせずにやりたいからやってるような人にはあたりまえの話しになります。

それは、先のわからない暗闇にひとりで踏み込む準備ができた状態です。

その準備は、知性かもしれないし、入念なリサーチかもしれません。
綿密な戦略かもしれないし、勇気や自信を持つことかもしれません。
必要な人と出会った時に気に入られるよう自分を整えていることかもしれません。

それ以前に、それ相応の知識と技術はあるでしょうし、なければそれを補う人などを率いていることでしょう。
これら無しでも先のわからないことに挑んでいるのであれば、無数の貴重な失敗やほぼありえない確率の奇跡的な出会い(偶然、足りない部分が補えたなど)があるでしょう。

先のわからない暗闇の正体は、人の知識をすべて持っていても組み合わせ次第で千変万化するためにとらえきれない一瞬先の未来の連続です。

これは理解していても怖いですし、理解していなくても怖いです。
少しの違いがここにあります。

理解しているか、もしくは好きでやっていたり、自然とやってしまっていたりすれば、次の一歩に踏み込めます。
理解していないか、もしくは「自分の現実」にとらわれ目的とするなにかに夢中になれない人は、同じような行動を取ります。

つまり、うまくいかない人たちは典型的に同じような行動を取ります。

簡単に言えば、すべきことから目を背けるんです。
今やらなくてもいいことをはじめたり、うまくいきかけていた時にしていた習慣を変えたりします。
いろいろなことに目移りしたり、自分が理解できる程度の人たちの中にいたがったり、挑まないための言い訳を考えるために時間を費やしたりします。

当然、シンプルではなく、効率的でもなくなるので時間をどんどん失っていき、それすらも言い訳にしていきます。
そして、先の見えない闇は遠ざかります。
先の見えない闇のもうひとつの呼び名はチャンスです。
あるいはリスクとも呼べるでしょう。

チャンスをつかむ時は、もれなくリスクもついてきます。
「自分の現実」の周囲にいる「みんな」と同じように生きていても同等以上のリスクはあるので、せっかく先の見えない闇の手前まで来たのなら、やってみることをお勧めします。

ちなみに現実は人それぞれ違います。
ひどい貧乏から成功した例は事実としてたくさんありますが、ひどい貧乏という現実であきらめている人ばかり、というように。

あなたに私がアドバイスをする時は、あなたの現実ではなく、知る限りの事実でお話しをします。
現実は言い訳を無数に生み、事実はそれをシャットアウトするからです。

踏み出してください。
私や数多くの(ホンモノの)専門家や(まっとうな)コンサルタントの本領が発揮されるのはそこからなんですから。


喫茶柊(きっさひいらぎ)
渡辺英輔(わたなべえいすけ)
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL





posted by マスター at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。