2016年05月05日

ポリティカル・コネクトネスってご存知?

ネクストショービジネス。
ほんの少し未来の芸能界はどういったものになるでしょう。
その予測を確かにするひとつは、「ポリティカル・コネクトネス」です。

とかいう話しをしてきました。

案外真面目にアドバイザーもしている喫茶店のマスター、えいすけです。

時の趨勢として、映像やステージでの自虐、差別的な表現はともかく、フリートーク的な状況下ではあらゆる差別が好まれなくなっていくのは確実ですよ、といったようなお話しですね。

日本の場合、ダイバーシティやインクルージョンなどが成熟できているとは思えませんので、対応せざるを得なくなっているポリティカル・コネクトネスには相当な苦労を伴うと予想しています。

もう世界は変わっているので、日本だけ変わらないで済む、ということはありません。
すぐそこにある未来の芸能界、そして、ビジネスシーンで深刻な意味で無能な人、嫌われ者、要らない人にならないよう、社会の変化をまずは知ってください。


どういうこと?
と思ったら、お問い合わせを。

お店でお話ししますよ。

喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。
ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。


ちなみに、ダイバーシティは1960年代、インクルージョン教育自体は私の子供のころにもあったので、1980年代にはあった言葉です。

ポリティカル・コネクトネスもゲーミフィケーションなどと同時期にこのブログで扱っています。
なので、いずれも最新の用語でも最新のシステムに関連している言葉でもありません。

とはいえ、日本では変な感じになってもいるので、本質的な用語の解説を兼ねて、現状を見ていきましょうか。

ダイバーシティ、インクルージョン
IT(ICT、IOT)を構成要素に加えることで、働きたい人の総参加と真の効率化が図れる、とされています。

が、そのために日本人が越えなければいけないハードルは数多いです。
用語が入ってきて、半世紀、日本は差別意識について、まったく成熟をしなかったからです。
よほど江戸時代のほうが成熟していた部分が多いのですよ。それはともかく、

ITを加えることによる革新的経済社会に移行するためには、かなり若い頃から違う価値観、違う生活スタイルの人を認知する教育が必要になります。
家庭内でも差別のない言葉使い(ポリティカル・コネクトネス)を心がけなくてはいけなくなりますね。
つまり、親の世代、その上の世代の理解が乏しいと、若者が新しい社会に対応しずらくなる、という図式が生まれてしまうわけです。

ポリティカル・コネクトネスというのは、政治的、社会的に公正、公平、中立的で、なおかつ差別、偏見が含まれていない言葉や用語。
職業、性別、文化、人種、民族、宗教、ハンディキャップ、年齢、婚姻状況などに基づく差別、偏見を防ぐ目的の表現を指します。

ダイバーシティは、正確にはダイバーシティ・マネジメントと言った方が理解に近い。
上っ面だけの知識人が知っているつもりになっている用語のひとつ。
勘違いしている女性も多いが、女性の社会参加のための用語ではありませんぞ。

個人や集団間にある様々な違い、つまり多様性を競争優位の源泉として活かすための文化や制度、システム、プログラムなど、組織(集団)全体を変革しようとするマネジメントアプローチ。
プログラムやプランではなくプロセスです。

これによって手順が変わるとか、数値目標が掲げられるのではなく、実際の取り組みの中で問題点や解決策が見つけ出されていくわけです。
ダイバーシティは取り入れたからいいでしょ、ってものではなく、継続的、長期的な観点が重視されています。
なぜなら、社会は変化し、常識はすぐに過去のものになるのと同様、ビジネスや活動も知り、動き、考えることで、はじめてあり続けることができるからです。
このためには、あらかじめ変化を許容し内包しておく、という意義もあります。
画一的な価値観でまとまった組織や集団は、数年で下降線を必ずたどります。

インクルージョンは教育や福祉の分野から始まってます。
インテグレーション(統合教育)ではない。
同じ訳にもなるので「包括」という意味をチョイスすると日本語の場合、混乱が避けられますかね。

小学校、中学校で、ハンディキャップ、障がいを持った子どもが大半の時間を通常学級で教育すること、など。
私の卒業した小学校、中学校ではこうした取り組みが見られました。

転じて、高齢者、犯罪前歴者なども含め、教育や社会参加の機会を得られることを目指しています。
e-インクルージョンはITを利用して誰でもどこでも教育や社会参加ができる取り組みになりますが、今はITを構成要素に入れているので言葉を分ける意味が薄れています。

ビジネスではダイバーシティから発展した新しい組織のあり方、として求められました。
1960年代から始まったダイバーシティ・マネジメントでは、多様な人材を採用しても暗黙的差別や排斥、そこまでいかなくても区別が起こってしまいました。
一緒に仕事をして成長していく仲間として受け入れ、機会提供や育成をするインクルージョンがないと、価値観、見た目、動作が違ったりするだけで不当な扱いを受けたり、狭い健常者コミュに入れない(仕事以外での曖昧な絆や友情のようなルールに従えない)だけで、そこにいる価値を見出せなくなるわけです。
現在の学校や企業が抱えている問題でもあり、より根が深いのは、健常者しかいない環境でも差別、階級、排斥などが起こってしまうことです。
その結果、優秀な人材、特異な人材から流出していく、というケースが多発しています。

というわけで、日本ではダイバーシティもインクルージョンもまったく企業、学校、そして社会の成熟に寄与していないわけです。
権利を主張する人のための道具にはなっていますが。

こんな状況で、ポリティカル・コネクトネスはどんどん必要になっていきます。
ダイバーシティもインクルージョンもいわば、内側の努力で克服していくべきことでした。
しかし、ポリティカル・コネクトネスは海外とつながりを持つ以上、外側から入ってくるんです。

その前段階として、私なんかのごくわずかな一派が、見映えをよくしましょうとか、笑顔の練習をしましょう、ってことを地道に教えてきているわけです。
そういうことをやってると、できるようになるし、受け入れられるようになるんですよ。
理屈は語りませんよ。
答えを知ったところでできなければ意味が本当にないからです。


あ。追記みたいな部分のほうが長くなっちゃった。ごめんよ。



えいすけ


DCIM0044.JPG





posted by マスター at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

ビジネスや活動の「はじめかた」について

様々なビジネスや活動には、未経験からの「はじめかた」や失敗したあとの「はじめかた」があります。

どうも、喫茶柊のマスター、えいすけです。
大田区下丸子にある喫茶店では、いろんな人が私のもうひとつの顔を頼って来店することもあります。

誰に対しても、「はじめかた」については言葉や順序はちがっても同じようなことを話すものです。
なので、飛び込みで来ても即興でできます。(連絡してくれたほうがもちろんスムースに対応できます)

大企業の社長でも小さな会社の社員でも、大手、弱小プロダクションでも、フリーでも小学生でも還暦を過ぎていても、だいたい同じような話しをはじめにします。

簡単に言えば、お金について、時間について、環境について、見た目について、健康と美容について、です。
「など」ではなく、「はじめかた」でこれ以外の話しをすることはありません。

つまり、基礎についてです。

正規のアドバイスを受けた人たちがそのときに住んでいた場所で言えば、北海道から九州まで、喫茶柊に
立ち寄っています。

主な内容は、質疑応答、そしていくつかの事業や活動の「ホットポイント」に関する「会話」になります。

とはいえ、堅苦しく思わないでください。
ほとんどのお話しの時間が、そこそこ目的はあっても「雑談」になりますので。
重要な話しほど長くならないものです。

様々な分野の人と私はお話しをしてきていますが、その中から、わかりやすい比べっこをしてみましょう。

15年前くらいにお話しした男性と3年前くらいにお話しをした女性がいます。
男性は当時で50代の経営者、女性のほうは19歳の大学生。

2人それぞれと会話をしました。
相談された内容の分野は違いますが、共通の問題を抱えていました。
この問題点には多くの人が気付けると思います。

2人とも目標に問題があり、経済的な問題もありました。
事業改善、広報、マーケティングで良いアドバイスがあっても解決できないほどこんがらがっていました。
引くに引けない、というやつです。

喫茶柊でビジネスのお話しをしたことのある方はご存知でしょうが、私には得意とするスキルがあります。
それは、その場でプランを作り、提案できることです。
ややこしいので経歴を省略していますが、私は企画提案もできます。

その場で、私は2人のためにどうすればいいのか、というプロセスを作り直しました。
我ながらまっとうなものだったと思います。

どちらもそれまでの実務の中で得た経験を基礎にしたフレームだったからです。
実行する際の色付けが彼らでできるようにもなっていましたし、実例(事実)でその提案を裏付けたからです。

この2人のうち、男性のほうは言われたことを我慢強く聞き、よく考えてからいくつもの質問をしたあと、「はじめにやること」をその場ではじめる宣言をしました。
つまり、自分では見えなかったチャンスを受け入れたんです。

女性のほうは反発しました。
私が提案した時間をすべて台無しにする言葉、でも、だってを繰り返しました。
表情、しぐさ、態度、口調に拒絶は表われていました。
結論が出る前に「はじめない」ことはわかっていました。
なぜなら、事あるごとに変化を拒む反応を示していたからです。

2人とも、時間や労力、そしてお金も使ったのに、出口のない道、望みの決してかなわない方向へ、かなり進んでしまったわけです。
間違いだったと認めたくありません。失敗を認めたくないわけです。
方向や方針を変化させることは私だってイヤです。第一に面倒くさいじゃないですか。
しかし、すでに間違っている、失敗に向かっているのに、感情的に投資を続けているのをやめないと再起不能になりかねません。

パチンコで負けている時に、あと1,000円、次の1,000円で大当たりが出る、と根拠もなく感情的に行動しているのと同じで、事実に向きあわず、現実的な行動ができません。

その結果、今できる最良の手段を「そんなつまらないこと」と聞き流すのです。
それは、誰が見ても聞いても、圧倒的に非生産的なことです。

大成功をしている人について、ひとつ、事実をお話ししましょう。

大成功を収めている人というのは、何回も息の根が止まるような大きなミスをしています。何回もです。

方向や方針を変えるのは、今までのミスを認めるのと同じ意味を持ちます。
その絶望や悲嘆から再起した人だけが、見えているけれども行き方のわからない地平線への地図を少しずつ手に入れていくんです。

今まで関わってきた人たちの中でとても多いのは、チラシ配布やWEBでの広告とは無関係の問題なのに広告の改善が解決策だと信じきっている人や、レッスンや勉強以前の問題なのにレッスンや勉強をすれば解決できると考えている人などです。

こういう人たちは、その他のどんな解決策を提案しても、それを有効だとか、大切だとか思わないことが多いんです。


今回例に挙げた2人には、目的を達成できる提案をしました。

50代の男性は達成しましたが、女性のほうは達成できないでしょう。
なぜだかをわかった気にならずに、よく考えてみてください。



最後に。
彼が宣言した「はじめにやること」が気になっている方もいるでしょう。
許可も得ているんで教えますよ。

経済的な理由でどうにもならなくなっていたのなら、解決策はシンプルになります。
頭を下げられる人には全員に頭を下げ、資金を調達することでしょうか?
銀行などをめぐり、融資を受けることでしょうか?
いいえ。それははじめにやることではありません。

はじめにやったこと。
それは、深夜のバイトなどをガムシャラにやって、一定の額の費用を作ることです。
これで資金調達をはじめれば、数倍から十数倍の資金が集められます。
というか、このケースの場合、資金調達の必要なくはじめられていましたが。

当時、彼は50代、私は30代前半です。
今だから正直に言いますが、よく言うことを聞けたな、と心底思います。

彼を私は誇りに思っています。


あなたははじめにやることからはじめていますか?



GW中、暦どおりに営業しています。
土曜は14時まで。
日祝はおやすみです。

喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。
ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。

DCIM0044.JPG
posted by マスター at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くれぐれも絶望や悲嘆から逃げるために情報や環境を探さないでください

愚痴や悪口を言ってはいけない、と思っていませんか?
もし、思っているなら、あなたは成長を自分で止めているかもしれません。

確かに、愚痴や悪口を同じ価値観の家族や友人、同級生や同僚などに言うのは適切ではないと思います。
グループやコミュニティ内で4〜5人を越える状況、不特定多数の人が耳にするような状況、ネットやLINEに書き込んでしまうこと、ノートやメモ帳に書き留めておくことなども不適切でしょう。

そんなことを言ったら、愚痴や悪口を言えないじゃないか。

と思う人もいるでしょう。
そういう人に質問をします。

あなたにはひとりきりになる時間はないのですか?と。

愚痴や悪口、根拠のない批判、否定、非難は、誰かに言っても、独り言で言っても感情の変化に大差はありません。
ほとんどの場合は、ひとりで行なうことをおススメします。
デメリットが少ないからです。
誰かに言うと、マイナスに人を巻き込みますし、自分自身にも跳ね返りやすくなるので、デメリットは大きくなります。

さて、すばやくマイナスの感情にとらわれた時から抜け出したり、乗り越えたりする人たちがいます。

どういう人たちかと言うと、これらを言える相手を確保したり雇ったりしている人たちです。

街中で利用しやすいのは占い師でしょう。
飛び込みでもすぐに話し相手になってくれます。

雰囲気を気に入り、行きつけにしたお店の人などもいいでしょう。

あまり知られていませんが、まっとうなコンサルタント、コーチ、トレーナー、アドバイザーは、あなたのマイナスの感情もあなた自身の成熟につなげることができます。
なので、これを言ってはいけないと抑えつけるような人やポジティブ感情を上書きするような指導をする人は、不勉強で無能だと断言できます。
成果主義、効率優先の専門家は、それはそれで利用価値が高いものですが、今回の件のような場合は不適切な相手といえるでしょう。

愚痴や悪口などのマイナスの感情を吐き出していい相手は、まとめると、価値観が違う人、お金を払って得る人、となります。
安心なのは、暗黙の秘密保持契約、守秘義務が生じることがほとんどなのと、契約で口外を避けられることです。

難しい理屈を抜きにしても、自分の属している環境以外で話したことが伝聞される可能性は低いわけです。


愚痴や悪口、批判、否定、非難など、ネガティブでマイナスな感情は、「これでいいんだろうか」という葛藤をしている最中でもあります。
これは自分と向きあっている証拠です。
なので、あなたは人として大丈夫です。
辛く、悩ましく、苦しいかもしれませんが、これらは誰もが心に抱えてもおかしくない状態です。


質の悪い啓発やビジネスのセミナーでは、後ろ向きな発言を禁じたり、ポジティブな思考を上書きされたりします。
知識だけコンサルタントや技術だけトレーナーやコーチがお金を儲けるために生徒や奴隷を増やす方法かもしれないので充分に注意が必要です。

カリキュラムやメソッドに従って生きることは、学校生活やサラリーマンと変わらないわけです。
依存する環境を変えただけにすぎません。
そこに成長や成熟はないんです。


誰しも、批判、否定、非難が心の中に芽生えるのは自然なことです。
知識がなければ知らないものは怖いですし、知性が育めていなければ対応方法はわかりません。
教養がなければ洗練されない狂気が噴出するものです。

とはいえ、場所や人を選ばず、感情的に表に出してしまうのは、マナーの面からも避けるべきです。

なので、少しの我慢をして、ひとりの時間や適切な人の前で排出することが肝心になるわけです。

マイナスの感情の元になる大小さまざまな絶望や悲嘆と向きあう、ということは、失敗、喪失、自分の中にそれが起きた経験を受け入れ、乗り越えること、ということです。
解消してそれ以前の自分に戻ることではありません。

誰かと出会い、別れる前の自分に戻ることはできません。
なにかを得て、それを失った前の自分に戻ることもできません。

乗り越える、とは、解消されて元に戻ることではなく、新しいアイデア、アイデンティティ、そして新しく世界を見るために、かつての自分では耐えがたかった苦痛のあとに存在する自分になることです。

乗り越えることによって成熟した人間になっていくわけです。
一般的に言う大人でも、知性と教養に満ちた人格者でもなく、人それぞれの成熟です。

それはあなたにメリットを与えます。
基礎や水準が強化され、好きなモノ・コトへのとらえ方が深く、広くなり、余分な思考、行動がそぎ落とされ、現状認知能力が上がり、自分自身を把握しやすくなります。
人や環境、時への判断基準も明確になっていくでしょう。

これらが大小さまざまな絶望や悲嘆の先にあります。


現代では、答えが先に用意されていることが多く、自分で葛藤したり、絶望や悲嘆をきちんと経験したりすることがしにくいのかもしれません。

悪口、愚痴、根拠のない批判、否定、非難はしすぎるのはよくありません。
文字に起こすのもあまり好ましくありません。
ネットやラインに乗せるものでもないでしょう
大勢の中で発信するのも避けたほうがいいでしょう。

しかし、してはいけないことではありません。

しなくてはいけないことではないですが、自分の中に湧いた感情にはきっかけも理由も必ずあります。
それと向きあい、葛藤するためには、ひとりで、あるいはクローズドな関係性を確保した上でそれを発することがデメリットを小さくします。

悪口や愚痴が出る時は、悪いものや体に合わないものを食べて、腹痛を起こしたり、下痢になったり、便秘になったりするのと同じようなものなので、なるべく早く快便に戻すために体の中を調整するように、なるべく早く明朗な思考に戻すために、心の中も調整していいんです。

いいウンコが出ないと精神が病むように、精神が病んでもいいウンコは出ないものです。

気持ちのよい人生を選んでいけば、快食、快眠、快便という基礎つくりに欠かせない状態も同時に手に入るので、目標の達成や目指す成功の確率もうんと跳ね上がるわけです。

くれぐれも絶望や悲嘆から逃げるために情報や環境を探さないでください。
それをし続けることにメリットは微塵もなく、それをしてしまった時間、回数の分だけ、あなたは未熟な部分を増やすんですから。





喫茶柊/柊PROJECT(ひいらぎぷろじぇくと)
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13
03-3759-5408
090-6023-9171
hiiragiproject@gmail.com

MAIL


エンタメ向けホームページ
http://hiiragiproject.jimdo.com/
※渡辺英輔はビジネス向けのホームページを持っていません。
ビジネス相談のお問い合わせはメールでお問い合わせの上、ご来店になってお話しください。



参考
絶望や悲嘆には立ち直るまでのプロセスがあり、これらを通過することで人は成熟すると考えられています。
愛する者の死のように大きなことでなくても、気に入っていたペンをなくした、肝心な時にスマホの電池がなくなった、などでも一日の中でも小刻みな絶望や悲嘆をするものです。

以下の参考例は悲嘆についてですが、順番どおりに起こるとは限らず、並行して起こることもあるとのことです。
こうした心理を表す言葉はその時は思い出すどころではないのがあたりまえですが、誰もが大なり小なり取り乱すのだ、ということを知っておくだけでもなにかの助けになると思い、参考として書き添えておきます。
詳しく知りたい方は勉強してみてください。

悲嘆の12段階
(1) 精神的打撃と麻痺状態
(2) 否認
(3) パニック
(4) 怒りと不当感
(5) 敵意とルサンチマン(うらみ)
(6) 罪意識
(7) 空想形成、幻想
(8) 孤独感と抑鬱
(9) 精神的混乱とアパシー(感情鈍麻、無関心)
(10) あきらめ―受容
(11) 新しい希望
(12) 立ち直りの段階

「よく生き よく笑い よき死と出会う」アルフォンス・デーケン(新潮社)より
posted by マスター at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。