2016年06月11日

コミュ力がある、と思い込んでいる人が苦手だ

コミュ力がある、と思い込んでいる人が苦手だ。
さらに「はずさないネタ」を持っている、と思い込んでいる人はもっと苦手だ。

どうも、喫茶柊のマスター、えいすけです。
喫茶店のマスターにあるまじき、と7割以上の人が思い、3割弱の人がふーん、そうなんだ、と思い、1%くらいの人がなにかを得られるような、今回はそんな内容。

コミュニケーションは言葉のキャッチボールとよくいわれるが、コミュ力があると思い込んでいる人が投げるボールはだいたい暴投である。
少し手を伸ばしたり、キャッチポイントまでステップをすれば取れるコントロールの悪さではなく、正面にいる2メートル先の私に向かって投げてるつもりで、10メートル先の左の古民家のガラスを割るほどの暴投だ。
キャッチできるはずがない。
キャッチできなければ会話はそこで終わりである。
わざわざ私が人が住んでるかもあやしい古民家に入り込んでボールを探しにいって、人のよさそうなお婆さんにお茶を誘われ、おもいのほか美味しい煎茶をいただく幸運よりも、たまたま遊びに来ていたJKの孫に冷たい視線で見られるような目にあうかもしれないリスクのほうがはるかに高いのだから、そんな危険を犯す必要はない。

つまりは暴投するほうが悪い。
だが、コミュ力がある、と思い込んでいる人はボールの行方なんか見ていないのだ。
会話が終わりだということ(そもそも成立していないこと)に気付きを得ない。
それどころか投げたから相手はキャッチしていると思い込んでいる。
だから「ヘイヘイ!投げ返してYO☆」と待ち構えている。しね。

こういう相手に返答をしないでいると、ノリが悪いことにされる。
いやいや、おまえが暴投してんだって。
投げ返すためのボールは私のファーストミットの中にはないんだよ。

しかし、コミュ力がある、と思い込んでいる人は、投げるためのボールを量産している。
これが脅威だ。ジオン脅威のメカニズムだ。いや、ジオンもメカニズムも関係ない。誰もがガンダムネタ判ると思うな。

ともかく、ガンダムとは関係のないボールを量産しているのでまた投げてくる。迷惑この上ない、という顔をダイレクトにしているのに気付かない。
いつまでたっても気付きを得てくれない。

たとえ、私のところにまっすぐ来たところで、そもそもキャッチしたくないようなつまらないボール(ネタ)ばかりだが、やはり、私に向かって放物線を描かない。
なのにあたかも私に投げたような顔をしている。
その顔はだいたい笑顔なのだ。
  怖  い  。
真のオタクの場合、聞いていようがいまいが、今、話したいことを話すものだが、これをきいているほうが、1億倍は楽しい。時折、本当にタメになることもあるので有意義だ。

が、
「ヘイヘイ!投げ返してYO☆」
である。

だからキャッチしてないんだって。

とはいえ、この状況は終わらせたい。
しかし、方法はほとんどなくて、時間切れくらいしかないのが実情だ。
恐ろしいことに、この手の人は、自分のも他人のも時間を大切にする、という概念がない。
よく道端や交差点の角で立ち止まって何時間も話しこんでいる人たちが「川流れのゴミ」と称される状態になっているが、きっと暴投されたボールをいちいち拾いに行っているからそんな時間になるんだろう。違うか。

さて、いよいよ会話が弾まないとなると(おおむね本人のせいだが)、「はずさないネタ」という魔球を投げてくる。
これがだいたいおもしろくない。
いや、「だいたい」いらないや。
おもしろくない。
暴投のほうがまだましだ。
なぜなら白けるものの寒くはならない。
「そこらの芸人よりおもしろいネタをかましてやった」と自認しているからだ。寒い。あとここで何年…
というくらい、この時間が辛い。
クソおもしろくない。逃げたい。
しかし、自分の喫茶店(=喫茶柊:コミュ障に優しくリア充に厳しい)にいる場合、私には逃げる手段がない。助けてくれ。

「はずさないネタ」は、クソおもしろくないのである。
クソがつくほどだからバットなスメルでアンタッチャブルだ。

私の人への判断基準はほとんどがおもしろいかおもしろくないかで占められている。
人と仲良くするとかお金のためとかこの場の雰囲気を悪くしないようにとかという判断はしない。
知ったこっちゃないからだ。

無理に仲良くしなくて困ったことはないし(逆は多々ある)、お金のために自分を曲げてよかったことはひとつもないし(逆は多々ある)、場の雰囲気を悪くしないようにしたために嫌な人が居続けたら本末転倒だ。
と私もこの店(大田区下丸子の喫茶柊)も知っている。

「店が知っている」とはおかしな話しと思うかもしれないが、30年を越して同じ場所にあり続ける店はツクモ神になり意思をはらむので、うちの店は妖怪の類いになって8年目くらいだ。
たまに私やお客さんとお店そのものとに会話のようなものが成立するのもそのせいだ。

そんなお店が妖怪化しているとか些細な話しはともかく、自分のおもしろいを選択して結果孤独になっても、おもしろいものは選択できてる人は幸せだと私は確信している。
大勢のなかで孤独感を味わうよりひとりで充足感を味わったほうが全然いい。
そして、そういうことのほうが、将来メリットを生んでいる経験が私の場合、たくさんあるので、いっそう私をかたくなに、とりあえずその場をつくろう、という行為を「しなくてもいいや」という積極性となって現れてしまう。

簡単に言えば、コミュ障モードに突入するのだ。
喫茶店のマスターにあるまじきモードである。
客観的に見たとしたら、そのモードで私が黄金色に輝いていようと自重しろ、とわたしは私に言う。

まあ、偶然知り合ったのなら二度と会わなくていいし、お客さんなら二度と来なくていい。
その人と仲良くできていたり、その人と会話を弾ませられたりする(お互いのボールがなくなるまで投げ続けて肩を壊す)友人や仲間や絆や団結で結ばれている人たちとも繋がれなくていい。引き寄せたくない。遠ざけたい。だって損しかないんだもん。

さらに後押しするのは母からの格言だ。
「いらないお客さんはいる」
さすがは個人店舗のベテラン、長く店を続ける秘訣を短くまとめすぎている。
しかし普遍的な心理である。宇宙の深淵を見るようである。

なので、私は喫茶柊のなにかにつき従って、そういう人に対してはコミュ障モードになることにしている。

そんなとき、私はよほど充実した会話を言葉もなくお店としている。


まとめ

個人の小さなお店は大手の戦略を真似たときから終わりが始まる。


いや。
別にそんなたいそうなことを書きたかったわけではない。


おわり


posted by マスター at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 柊PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。