2016年07月03日

人生コンサルタント、「詐欺」容疑で逮捕

能力開発セミナーを開催し「人生を変える」と言って、女性からコンサル料を受け取った48歳の男性が詐欺の容疑で警視庁に逮捕されました。

人生コンサルタント、「詐欺」容疑で逮捕
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/55524560.html

どうも、喫茶柊のマスター、えいすけです。
大田区下丸子の喫茶店に引きこもっている総合アドバイザーでもあります。

今回はニュースを取り上げたので、この件について書いていきます。

世の中に増殖した「自称」コンサルタントのほとんどが、自分で書いたビジネス書の直接物販やセミナー講師をしていて、言葉は違えども「あなたの人生を変える」と言っているので、これが詐欺にあたるとすると、「自称」のみなさんやそのコピーをして事業をしているつもりの方々は大変ですね。

具体的には、どんな状況かと言うと、容疑者は経歴詐称(自分の人生を偽って、大きな借金を返して成功してきた、など)をしていて、なおかつコンサル料が2000万円以上だったようです。
これを受講女性が告発し、悪質だと判断して逮捕したようです。

容疑者は、「きちんとコンサルをしていた。なんで詐欺になるのかわかりません」と言っているとのこと。

コンサルする、という日本語が一般的なのかは疑問ですが、そこをつついていると長くなるので割愛。

日本では受け入れにくい状況ですが、経歴詐称(人生詐称)している「自称コンサルタント」は、国内外問わず、けっこういます。ほとんどが「盛っている」し、ウソもついています。
それでも成果が出れば問題がない、と思う国々のほうが多いくらいです。
日本は枝葉末節を気にしすぎる異議あり人間が多いので、まっとうなコンサルタントなどもなかなかセールスが大変です。

実際、この容疑者以上に、一般には高いと思われるコンサル料のコンサルタントもたくさんいますので
「なんで自分だけが逮捕されるんだ」と思っているのかもしれません。

というわけで、セミナーやコンサル、レッスンやコーチで、費用をいただいて人に何か教えている場合には、詐欺罪で逮捕されないように、きちんとしたビジネスにすることをお勧めします。
事業改善・整理、充分な準備、設えなどに気をまわすことからですね。

セミナーやコンサルをする(笑) ときには、嘘をつかず、本やディスクを売る時は完全返金保証をつけるのが
日本の現在の社会性では当然の配慮になりますね。
費用を納めない人にしつこく払えと言ったり、恫喝して追い込んだりせずに、すぐに退会させたり契約打ち切りにするほうがまっとうです。

また、逆に、納得のいかない金額をコンサルタントなどに支払ってしまった場合には、消費者センターや警察に相談しましょう。
無料で適切なアドバイスをくれる場合が多いですし、解決のために動いてくれるかもしれません。

前例があるとそれにしたがって動くのが警察という組織ですので、今後、どんどん逮捕者が出る可能性もありますね。

ちなみに、日本では逮捕された時点で「悪人だ」と思われがちですが、起訴されて犯罪だと確定するまではあくまでも容疑者であって前科者になったわけではないので人の見方には注意が必要です。

さて、私はというと、「なにか」の目的なりがないと契約を結びません。
そもそも何も具体的なことのない、「人生を変えたい」という漠然とした考えの人を導けるスキルもテクニックもありません。

本も書いてないので売りません。
コンサルタントやアドバイス、コーチやトレーナーを求める状況というのは、明らかに学校の授業とは違い、教科書で学べば成績が上がるわけでもなく、目的達成に関しては、個々人の状況が流動的なので、必要がない時にあっても参考書以下の存在になってしまいます。
賢くするのが目的ではないですからね。
(賢くなるとビジネスで対象にする人の数が減るだけですし)

なので、基礎や基本はあるとはいえ、カリキュラムもありません。
できないうちに次に進んだり新しい知識を提供するのは、コンサルタントやアドバイザーとは違う学校ビジネスです。

あっ。
セミナー講師を中心に稼いでいる人はコンサルタントとは呼べない、という私の個人的な意見が出ちゃいましたね。


経歴はと言えば、詐称に対する言葉で表わすなら私は隠蔽しているくらいでしょう。
本当に目的を達成したい人にとっては、立派な経歴よりも、自分の目的達成にコミットしてくれる人でしょうから。

今回の場合、2000万円のコンサル料で警察が動いたというよりも、内容の怪しさや費用を払うよう恫喝した疑いのほうで動いたような気がしています。

大きな年商をあげている人や企業への月100万円以上での年契約はざらです。
アイドルグループやバンドについているコンサルタントも、現在ではけっこうな数に登り、けっこうな費用をもらって、有名グループやバンドでなくても、それなりの成果をバンバン出していますが、普通は公表していないですね。(公表しない契約をしています)
個人的には、ビジネスとしてエンタメをとらえているタレントや関係者は嫌いじゃないです。
覚悟もなくハンパな活動をしている人たちよりもずっと好きです。


あくまで個人的な判断基準ですが、費用の高い安いではなく、その費用が利益を出させた10%以上だったり、自分の実績として必要以上に宣伝しちゃったり、なんの成果も出していないうちにどんどんいろんなことを教えたり、やらせたり、やる気にだけさせたり、内容薄弱な本を買わせたりしちゃうと詐欺と思われてもしかたないですし、そうでなくても役立たずと思われるのは間違いないかな、と思いますね。



喫茶柊(きっさひいらぎ)
渡辺英輔(わたなべえいすけ)
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com


DCIM0044.JPG


posted by マスター at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。