2016年08月08日

怪しげなお話し〜魔法や奇跡のような成功の奥義について

本気で思っていることは疑いようがないのに、口から出てくる言葉が願望や祈りのようになっていませんか?

○○になりたい!
〜だったらいいなぁ。
〜が、こうなってほしい。

今回はこれをくつがえす成功の奥義について書いていきます。

どうも、えいすけです。
喫茶柊という大田区下丸子で38年続いているお店のマスターをしています。

私にはアドバイザーとしての一面もあります。この面でのキャリアは23年くらいです。
そのアドバイザーとして契約しているクライアントに話していることを文章化すると、とたんに怪しげな内容になったりします。
なので、この手の話しはブログに書くのを避けていたりします。
いつもは避けているそんな話しをあえて書きました。

常識や自分の属しているところに縛られている人たちには、特に怪しげに感じられる、今回はそんなお話し。


成功の奥義について


どれだけ言い表す言葉を変えても今の自分は今ある自分。
できることがいきなり増えるわけでも、悪いクセが瞬時に無くなるわけでもありません。

誰かとやり方が異なろうと、考え方や価値観が違おうと、今はどうあれ、よい人生を望む心は同じだったはずです。
なのに、それぞれの違いを理由に人をわけ、批判や否定をしてしまいます。
私もしてしまいます。時間の無駄でしかないんですが。

事実は事実そのもの。
人が都合よく改変できるものではありません。

知識や論理そのものには力はありません。
知識を教えたり与えたりする人のように、知識やロジック、メソッドを習得したからといって、同じような成功、同じような収入、同じような幸福を引き寄せることができないのはなぜでしょう。

学校や塾、職場、組織、家庭やグループ…

それぞれが属する場所には、自分が他人や社会と対面する機会(チャンス)がありますね?
でも、望むような人生にはなっていかない場合がほとんどです。

なにが違うんでしょうか。

うまくいく人や幸福な人生になっていく人、各分野の達人、職人は、自らの心の中に自分が属する場所を持ち、そこで機会を「築く」のです。
経験、体験、知見、勉強、修練などの中で実感したものを自分が使えるように構築するんです。
これが違いです。

チャンスとは、それとわかるものでも見えるものではなく感じるものです。
個々人それぞれの精神のあり様でとらえるものです。
人によっては同じ人、場所、モノ、情報を目の前にしていても気付きもしないことがあります。
反対に、誰もが見向きもしないものからチャンスを得る人はいます。
あるいは今は世の中にないものをイメージしてチャンスにしていく人もいます。

チャンスとは感じるものです。
感じるものには自分の感性、精神でしかとらえられません。
なので、感性、精神をそのようにしていなければ目の前にあるチャンスをたくさん逃していることになります。

成果を得る、成功する、表現を実現するなど、それぞれの結果には、必ずそれを成す人の意識の中に事実に基づいたイメージがあります。
意識的、無意識的な差はありますが、断言する力、決断して実行する力にそれはなります。

自分でわかっていないものを信じようとするのではありません。
自分でイメージできないものを信じるのでもありません。

疑う余地がないイメージは、今、この世にないモノでも、見て、感じて、触れることすらできるのです。

元オリンピック選手の知り合いに直接聞いた話しを例にすると、スノーボードで今まで見たこともない難度の技が成功すると、多くのスノーボード選手ができるようになる、と言います。
当然、私が見てもそれはできるようにはなりませんが、ある程度の水準以上の選手にはすぐにできるようになるそうです。
目の前の事実は圧倒的です。
そこから具体的なイメージが得られることで「それ」はできることになり、その先があることもイメージできるようになる人も出てくるわけです。

体操競技でも新技が出ると、それを見ただけで、同水準の選手は、その技の最中、視界がどうなるのか、具体的にわかるそうです。

オリンピックイヤーなのでこんな例を思い出しましたが、これはビジネスでもエンタメでも日常生活でも同様です。

人にはできます。
人にしかできないと思います。
まだ自分にはない成果や成功、モノや表現などを見、感じ、触れることが。


事実を知る。事実に向きあう。
つまりはこれが成功への奥義と言えますが、それは、勉強した量とか蓄積した知識の多さとか、習得した技術、成功したいと思った年数や上っ面だけ真似して行動をした数だけでなく、まず思いを向ける対象を知り、相手を知り、自他を認め、孤独と寂しさを忌避せず、それぞれの事実と向きあうことです。
次にそこから構築されたイメージを持つことです。
わかっていないことを妄想で埋めたりせずに、です。

絶望から目をそらさずに刻々と変わる自分の感情と向きあい、希望を追うために妄想を組み込まない。

それにはかなりの修練の時が必要になりますが、はじめたことが好きだったり、できることがそれしかなかったりすれば続けられるはずです。というか続けてしまうはずです。
疑う余地なく、それはわかっていることなんですから。
そして、事実に基づいたイメージは必ず現実化します。

空想に過ぎなかったものが現実にある。
空想すらしなかったものが社会に欠かせないモノになる。

そんな魔法や奇跡のようなことの積み重ねで、現代のこの世界はできています。

それを成したのは人です。
心で感じ、本質をとらえ、現実に存在させてきた人です。

実現するまで知らなかった人たちにとって魔法や奇跡のような物事は、実現すると疑わなかった人によって成されてきたんです。

あなたも成功の奥義を極めてみませんか?




喫茶柊マスター
渡辺英輔



DCIM2352.JPG


posted by マスター at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。