2016年10月30日

今とこれからは変えられます

2010年から夜の時間帯を「夜の部」として喫茶柊にいます。
ですので6年経ったことになります。
経営を継いでからは2年と2ヶ月です。

サラリーマン(OL)をしていて、なおかつ独立、開業、起業をしたい、という人は何人か、この6年間で会ってきました。
会社の規模も年収も年齢もそれぞれですが、とりあえず、その会社に勤めていればそこそこ安定した暮らしができる人たちばかりです。

目的とする事業や求める生活スタイル、収入などは様々でしたが、会社勤めをしていたらヤバイ、という感触は共通していました。

給料が上がらないか下がっていっていて、ボーナスが減ったり無くなったりしている人たちもいたので悩みや不安は彼らだけではなく、多くの人が感じていることでしょう。

仮に給料が上がって、年収が40万円増えたとしても、年収に伴う一般的な消費をしていて税金、年金、保険などを納めたり支払ってたりしていれば、10年前よりも可分所得(手元に残るお金)は少なくなりますから、年収から想定される生活イメージと実際の生活にはかなりの差があります。
この差の分、なにかを切り詰めたり借金が増えていったりするわけですが、なかなか、このゆるやかな貧困への降格に気付ける人はいません。
気付いていてもなにかの手を打てる人も少ないのです。

年収が40万円も増える人はごく少数ですので、ほとんどの人は横ばいの収入です。
つまり、その分、すばやく貧困に降格していっているわけですが、気付きにくいことに、貧困へ降格していっている人の周囲には、意識して人づきあいをしていない限り、同じように貧困に向かっている人ばかりになるので、数年前、数ヶ月前と貧困の度合いが増している状況になっていることがわからなくなるのです。

こうした状況に気付き、相談に来るだけでもかなりの先見の明です。
あるいは「みんな」に染まりきらない部分を持っていると言えます。

私のところに限らず、会社から離れたチャレンジをしよう、と思って、誰かのところに話しを聞きにいく、というアクションをする人は、それをしないで独立開業しようとする人よりもその点においては圧倒的に優れています。

なぜなら、相談をする、ということは、自分の判断だけでモノゴトを測らない、という意味ですから、事業を起こし、軌道に乗せるまでは、細かなモノまで入れると失敗は数千、数万としますが、この数を大幅に減らし、失敗そのものの質もよくなるのです。

私はキャリアを重ねながら喫茶柊の6年間も過ごしてきました。
もちろん、小学校の時分から柊の手伝いを断続、継続的にしてきて、とても身近で、なにをどうすればいいのか充分にわかっていましたし、なにをどうしたいと思っていたのかの蓄積もあります。
それではじめて5年を越えられたと思っています。
とはいえ、それでもなお、現代日本の個人経営店舗の実際を知っている身としては、なにより運がよかったんでしょう。

その6年だけでみても、相談に来た人たちは、たったひとつのことができているかできていないかを中心に圧倒的な差となってそれぞれの途中経過をみせています。

考えるまでもなくあたりまえのことができているか、中途半端か、抜けているか(目をそらしているか)。
それだけで、こんなにもはっきりと差が出るのかと、わかっていてなお、驚いてしまいます。

誰にでもわかることです。
多くの人がわかってはいることです。

圧倒的な差をつけた「たったひとつのこと」を当ててみてください。

そして、それがわかったら、言い訳したり目をそらしたりせずに、それを直視してみてください。
過去変えられませんが、今とこれからは確実に、確信的に変えられます。もちろんより良くです。
しかも、必ずです。

━━━━━━━━━━━━━

ご来訪ありがとうございます。
渡辺英輔(わたなべえいすけ)です。
大田区下丸子で柊(ひいらぎ)という喫茶店を経営しています。
アドバイスのお仕事もしています。
必要な時に私の名前が伝わると思います。
そんな時は連絡してみてください。
そんな時に役立ちます。
こうしてブログ記事で出会えたのがきっかけになっている方は、もうかなり多数になっていますね。

お店でお話ししますよ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━
20160924194202798.jpg

posted by マスター at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「満月 流星」柊珠実、新CD交換開始!

大田区、下丸子図書館そばの喫茶柊で毎週水曜の夜にライブをしているアイドルの柊珠実(たまみん)が、新しいCDを作りました!

20161030145506429.jpg

「満月 流星」のCDは、喫茶柊に来店して「ほろよいアイスティサワー」と交換することで入手できます。
今までのCDも同様です。

20161030145554567.jpg

今回の2曲は、リア中充を殲滅したり虚構と現実を遊んだり江ノ電が好きだったり夕飯がお赤飯だったりするいつものたまみんとはまた違った一面を感じることができると思います。

2曲ともメロウな歌声に意欲的なバックトラックが組み合わさったチューンになっています。

今後、YOUTUBEでも視聴できるようにする予定なので、来店できない方はこちらをお楽しみに。

ライブは飲食代のみで観覧できるので、是非、機会を作って足をお運びください。

場所
大田区下丸子1−14−13
喫茶柊
hiiragiproject@gmail.com

E69F8AE5A496E8A6B3.jpg

最寄り駅
東急多摩川線「武蔵新田」
武蔵新田駅から下丸子図書館(表示板あり)に向かって徒歩7分

時間
毎週水曜19時30分くらいから30分程度

※最終(4週目)の水曜はたまみんとのお食事会となっています。
posted by マスター at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

意識するといい3つのこと

意識しないでも、結果を出す方向に行くのが起業、新規開店、芸能活動でうまくいっている、つまり、充実した後悔のない生き方をしている人の特徴のひとつです。
成功している、ととらえられている人の多くは、まるで呼吸をするように過不足をなくしていき、多くの人が目的にして必死の努力をしてもかなえられない水準に、なんとなくといった雰囲気でいるものです。

そういう人たちにあってほとんどの人に無いものは才能や運でしょうか?
あるいは潤沢な資金・資産、高度な知識やテクノロジーでしょうか?

そういう人もいるでしょうが、ほとんどの場合、私たちと大差ない能力ですべてが乏しい状態からはじめています。
今の時代よりもほんの少し昔の成功者の事業の始まりは、私たちの現状よりもなにもかもが圧倒的に不足していた場合のほうが多いとさえ言えます。

また、誰もが認める成功や裕福な生活、幸福感に満ちた生活などを求めないまでも、よりよい自分や環境を求めている人は多いでしょう。

そんなときに意識するといい3つのことを書いていきます。

○●意識するといい3つのこと●○

フリーランスや個人店舗、事業主が意識するべきなのは次の3つです。
もちろん、そうでないすべての人が意識していて損のないことなので、とりあえずは知っておくといいでしょう。

はじめはもちろんお金。
利益を出して黒字にしていくことや働いて稼いでいくことも大事ですが、健全なキャッシュフロー(現金の流れ)のほうがより大事だと言えます。

利益を出す以前の段階では自己資金の確保、資金調達(自分でバイトをする、身内への借金なども含む)が重要ということになります。

手元に現金の残る生活レベルにすることは、年収が500万円を越えてからは本当に大事です。
500万円〜2000万円程度の年収の場合、それ以下の人に比べて可分所得が少なく、さらに高額の借金(高級車や家屋などでのローン含む)で苦しむことが多いです。
これは飲食交際費で、若干〜無理をしてもっと年収のよいフリをする消費を促されるから、と言われています。
医療費などでもそうですが、自分が支払える額の1割増しくらいなら支払ってしまう、という消費者心理を売り手側はついてくるからです。

身の丈をお金(収入)の面からとらえてキャッシュフローを見直すだけで、ずいぶんとストレスの少ない毎日が送れると思いますよ。


次に大事なのがあなた自身の見映え〜立ち居振る舞い、話し方です。
これらをひっくるめてセルフブランド(あなた自身の価値)と言い換えてもいいです。

店構えのよさや事業の内容の充実よりもあなたの見映え、セルフブランドが絶対的に重要です。
面接やセールス、資金調達やヒューマンリソース(人的資源)の確保においてもとても大事です。

これを軽視する人は圧倒的に多いです。
価値観や知識、技術が同程度の仲間はどんなに多くてもビジネスをプラスに牽引することはありません。
同じ資金力、同じ見映え、同じ考え方の人間がどんなに集まっても電池を並列につなぐのと同じく、同じ力しか出ません。
人が多い分、連絡ひとつとっても時間がかかるというマイナスのほうが大きいでしょう。
対人トラブルも深刻になりやすいです。

周囲にいる人たちのバリエーション、能力のグラディエーション、そしてジェネレーションの多様さがビジネスでもエンタメでもQOL(クオリティオブライフ)でも、はっきりとした差となって現れていきます。
もちろん、多様なだけではいけません。
それらに対して責任と報恩があることはあたりまえでなければいけません。
責任を転嫁したり信用を置かなかったりすれば、どんな人でもその能力を発揮してくれません。
逆に若くても能力に劣っていても責任の所在がはっきりとしていて信用されているとわかれば、何倍、何十倍という力を発揮することがあります。
これらの初手となるのが、あなたの見映え、ブランドです。

あなたを見せるべきはターゲットになる人たち、潜在顧客、利用者、そして、自分では時間のかかる作業をしてくれる高度な専門家、自分では気付けないこと、足りないことを補ってくれる人たち、それも現在の自分よりもはるかに収入や事業継続の長さを持つ水準の高い人たちです。

よい評判を作ることも大切ですが、そんなことよりも「この人は大丈夫だ」「この人は浮ついていない」と思わせることが第一です。


最後は自分を含めたヒューマンリソースフロー。
ヒューマンリソースとは、人を労働者ととらえず資源と考えることです。
フリーランスや個人店舗のオーナーであっても、従業員気質で時給日給換算でモノゴトを考えてしまう人は実に多いです。
こういう人は目先のお金に転びやすく、受託で言いなりの仕事をしていきやすい、店舗では常連に店の雰囲気を変えられてしまうなどが起こります。
いわゆる終わりのはじまりです。

お金のためにやりたくないこと、作りたくないモノ、結果利益の少ないことで自分や人を使うことになるわけです。
こういう状態をヒューマンリソースフローがネガティブ、と言います。

ビジネスでもその他のことでも、はじめる前もあとも、やりたいことや忙しさで忘れがちな(わかっていてめをそらしがちな)、これら3つを良好な状態にすることを意識するといいですよ。

E69F8AE5A496E8A6B3.jpg

━━━━━━━━━━━━━

ご来訪ありがとうございます。
渡辺英輔(わたなべえいすけ)です。
大田区下丸子で柊(ひいらぎ)という喫茶店を経営しています。
アドバイスのお仕事もしています。
必要な時に私の名前が伝わると思います。
そんな時は連絡してみてください。
そんな時に役立ちます。
こうしてブログ記事で出会えたのがきっかけになっている方は、もうかなり多数になっていますね。

お店でお話ししますよ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━
posted by マスター at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする