2011年03月28日

被災地でできる子供の心のケア(第2回)

心のケアの連載をしているため、喫茶柊でなされたビジネス相談や事業提案からのお話しであってもしばらくはアメブロに書いていきます。

「来るべきソーシャルメディアの?」
http://ameblo.jp/nabe-rx/entry-10843490941.html
柊では常に出る話し、「変化」「考え方のシフト」について主に書いています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【心理的支援PDF】
PFAは地震直後などに行うことのできる効果の知られた心理的支援の方法を、必要な部分だけ取り出して使えるように構成したものです。
http://p.tl/zmaT
これから個人でボランティアに行くつもりの人は読んでおいてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京学芸大学教授 臨床心理士の小林正幸さんより
掲載の許可は取っています。

いかにマスメディアの放送のあり方や被災地外の単純中止や自粛が工夫がないかも、以下を読むと見えてくると思います。

子供を中心に書いてありますが、大人の方にも有効に働くと思います。

被災地に限らず、震災の情報に触れているお子様や大人の方にも心のケアが必要になってきますので、ご一読ください。

以前にあげたボランティア専用の心理的支援(上記してあります)に比べれば難しいことは書いてありませんので、是非お読みください。

第1回 身体面からのこころのケア
http://hiiragi1978.seesaa.net/article/192691026.html


第2回 辛さを受け止める(1)

子どもに安全安心を与えるために、大人ができる最大の支援は、目で触れ、手で触れ、言葉で触れることです。
安全や安心を十分に感じさせる必要があることをお伝えしました。

ここでは、不安や緊張、悲しみや興奮や怒りなど、子どもの示すさまざまな不快な感情、辛さと向き合う場合の原則を述べます。

不快な感情に限らず、あらゆる感情は、表情に表した方が良いですし、何らかの形で表現した方が良いのです。
ですが、無理やり表現をさせることは控えてください。

感情は、自分の願いを、表情や身体表現を通して他の人に伝えるためにあります。
大事なことは、その表現がなされたときに、
それをしっかりと受け止めることができるかどうかです。
その感情が表すお子さんの願いをしっかりと分かり、お子さんの表現を手伝うことが大人の勤めになります。
これができると、辛さや不快感が下がり、このことが安心感や安全感を生みだすのです。

そこで表現されることが、大人にも如何ともしがたいことであり、その表現に大人の方が耐えがたいと感じてしまうと、言葉の上で受け取れたとしても、お子さんの辛さを十分に受け止めたことにはなりません。
大人の側の不安や緊張は、関係が近い場合ほど、子どもには簡単に伝わります。
すると、どれほど平静を装っても、お子さんたちは表現を止めてしまう場合もあります。

必要なことは、何かを語らせることはありません。
お子さんの傍らにいて、お子さんの辛い感覚を感じるように寄り添ってください。
自分の中に「安心感」を腹の底に落とし込むつもりになって、その「安心感」で、お子さんを包んでしまうようなイメージを持つようにします。
そして、ストーカーにならない程度に、いつもお子さんの傍らに誰かがいるようにしてください。

その傍らにいる大人が、自分の不快感、辛さを受け止めるだけの度量があると判断したとき、
お子さんの方が自ら自然に不快感を表現するようになると思います。
お子さん自身が自ら不快感や辛さを表現できたときに、辛さを受け止める最初のステップが始まるのです。
その大前提は、大人の側の根底の部分に「安心感」を根付かせることになります。

これはとても難しいことです。
大人の側が、「そうしなければならない」と力まないようにしましょう。無理はやめましょう。
大人が必死なうちは、お子さんたちは、辛さを感じながらじっと表現をせずに我慢をしているということ、そこは、せめて、頭では理解しておき、大人の余裕ができたときに、以上を、お子さんに接する基本に置いていただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あらかじめ全文を読みたい場合は、ご連絡ください。
メールにて送信できますし、記録メディア(USBメモリが妥当)をお持ちになれば喫茶柊でコピー可能です。(許可済み)

渡辺英輔

eisuke41@gmail.com



twitter
http://twitter.com/HIIRAGI1978

facebook
http://www.facebook.com/EisukeWatanabe




posted by マスター at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。