2012年03月08日

大田区と映画を愛する皆様へ

柊PROJECTの渡辺です。
大田区蒲田で映画を撮ろうとしてます。
興味がある人はホームページ見てください。
様々な募集をしています。

柊PROJECT
http://www.business-hiiragi.jp/

03-3759-5408(18時〜23時 月−金)
090-6023-9171 (渡辺)
info@business-hiiragi.jp
eisuke41@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10年愛される映画を作ります。

その達成も含めて、100年廃れない地域にしましょう。


東京都大田区蒲田近郊を撮影場所と予定した映画企画も制作の段階に移行しつつあります。

Image1211.jpg

蒲田まで東急多摩川線で2駅。
武蔵新田駅を最寄り駅にする下丸子図書館に程近い「喫茶柊夜の部(渡辺英輔担当時間)」に、産声を上げた柊PROJECTは昨年はなかった集団です。

柊PROJECT自体は少数のグループですが、連携、協力するのは、キャリア、実績のある映画監督、テレビドキュメンタリー番組のトップクラスディレクター、ベテラン脚本家、動画ポータルサイト主催、大手事務所とつながりのあるイベント主催、ミニコミ誌やフリーペーパー発行を予定しているキャリアのある編集者、舞台演劇人、国際的なアクション俳優、有名芸能人のデザイナーから新進気鋭のイラストレーター、およびアートディレクター、サブカルチャーに詳しい者たち(同人イベント主催者、系統グッズ制作者など)まで様々です。
http://ameblo.jp/nabe-rx/entry-11171013014.html

喫茶柊は創業34年目の小さな喫茶店ですが、地域や企業の方々、俳優、女優、アイドル、芸人などを含め、様々な方が柊PROJECTと連携、協力してくださっています。

意識してのことではないですが、こうしたつながりに1年前の震災が影響していることは間違いありません。
エンターテインメント映画ですが、企画用のキャッチフレーズである「あきらめない。私ががんばる」も、そうした意味合いが反映されていると考えられる節があります。

いわゆる地域活性化のために映画を作るのではなく、おもしろい=エンターテインメントの映画を地域を撮影場所に定めて作ることで地域活性化につなげようという考えを持っています。

それが「大田区を映画で盛り上げる連絡会」の発足への契機でした。

映画をコアとして、上記にもある地域ミニコミ誌、フリーペーパーの発行、イベント、Webとの様々なリンク、情報ドキュメンタリー系や子供向けテレビ番組企画など、同一地域にあらゆるメディアを集中させようと考えています。

連携、協力することで地域だけでは得られない、全国放送レベルのクオリティの高い企画が出来、ディレクション(演出)、効果的な広報(PR)が出来ます。
すべて、今、第一線のメディアで活躍する方々によるもので、経験と先見に満ちた優れたものになります。

映画系のNPOをはじめ、各団体からも参加が予定され、各自治体、行政にも訴えかけをはじめていきます。

大田区自体、地域企業や店舗、キャスト、スタッフ、その他関わる方々に大きなPR効果をもたらすことが出来ると確信しています。

私が出来ることは、直接人と会い、提案することです。
過分なまでの陣容を持つに至りましたから、自分の能力を過小評価しても人を納得させ、人を集める能力はあると思います。

しかし、Webでは、ブログはよく書き、ホームページもなんとか作っていますが、人と話すことに比べれば児戯に等しいレベルです。

このブログを読んだ方には、是非、参加、協力をお願いしたいです。
技術面での協力をいただければうれしいですが、ツイート、facebookウォールへの投稿、トラックバック、誰かに言葉で伝えてくださるだけでも力になります。

映画はすばらしいキャストとスタッフに恵まれ、複数本共にすばらしいモノになります。
これはプロデューサーとしてまったく疑っていません。

この映画を単独でも優れたレベルの書籍、Web、イベントが連動してそれぞれをPRしていきます。

広げてください。

まだこの始まりを知らない
大田区の人々に
他の地域の方々に
企業や団体に

協力してくださっても、例えば協賛をいただいても、金銭的に返せることはないかもしれません。

しかし、街や人々に夢と希望を、活気と活性をもたらすことが出来ます。

「あの映画ができる前から応援していた」と自慢してもらえることが、返す、という事になると思います。

広げてください。

それだけの人のつながりは作りました。

利用してください。

価値のある環境を作りました。

柊PROJECTも大田区映画連絡会も、真価を発揮するのはこれからです。

10年愛される映画を作ります。

その達成も含めて、100年廃れない地域にしましょう。


柊PROJECT代表 渡辺英輔


ブログでキャストまでは明かせる段階にはありませんが、喫茶柊にいらしていただければ口頭でお話しすることはできます。



柊PROJECT
http://www.business-hiiragi.jp/

03-3759-5408(18時〜23時 月−金)
090-6023-9171 (渡辺)
info@business-hiiragi.jp
eisuke41@gmail.com





posted by マスター at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大田区映画連絡会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。