2016年06月26日

今までとは違う人たちの目を引く、かもしれない〜地下アイドルの映像作品についておもうこと

地下アイドルがイメージビデオとか着エロとかに出るのには様々な考えがあると思うので批判とかしないけど、表情とポージングくらいは身につけてから挑んでほしいな、って思う。
カメラ慣れすらしてなかったりするしね。
そこがね、残念なの。

少しの期間、ちゃんと練習すれば、差は出る。
売り上げには反映されないかもしれないし、ダイレクトに儲かったり有名になったりはしないと思う。
というか、それはタレントがどうこうできる問題でも、実はない。
(売らされてるけどね)

確約できるお話しでもないんだけど、そういう見せるための練習とか、のし上がっていこうという意思とか、こうなりたいって意識は、今までとは違う人たちの目を引く、かもしれない。
今までどおりの人たちにしか届いていないのなら水着になる必要も裸同然になる必要もない。
だってむしろマイナスに働くことのほうが多いわけだから。

関係者とか知り合いが不出来なモノをほいほいリツイートとかシェアとかすると、「ああ、この界隈か」と思われる、ってマイナスの効果も制作者やプロダクションやタレント自身もちょっと真面目に考えたほうがいい。

それをすることでどうなりたいのか?
だとすればなにをしておくべきか。
どうなっておけばいいのか。

映像ソフトのリリースの時点で結果はだいたい出ちゃう。
だとしたら、手を打てるのはリリース前まで。
タレントは撮影の前まで。

出してから売れないんですけど、って相談をトータルで数十、聞いてきたけど(現在はリリース前のみ請けてます)、そりゃ売れないよ。
売れないモノを作って売る工夫を怠ってリリースしてんだから。

マイクロな市場では地下アイドルやインディーズやプライベーターのミュージシャンなどのタレントは充分に勝負できますよ。
大手のやり方やみんながやってるやり方ではだめなんだ、ということを知ってください。

わかんないなら喫茶柊に飲食に来るといいよ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━

そうそう。
ブログのタイトルを久々に変えました。

プロジェクトのほうはより密かなものになっていくのであった。



posted by マスター at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。