2016年07月31日

ロジックが先では成功はない

うまくいく、お金を稼ぐロジックは、たくさんのことをしてみて、個々人が会得していくもの、と確信している。

なので、こうした観点を持てない、というか、感覚したことがない人が行なうビジネスセミナーや啓発セミナー、あるいはそれ系の書籍、WEBでの文章などは、気持ちが悪く、居心地も悪い。

コンサルティングやコーチなどでも、理解の浅い人の教えるビジネスメソッドや心身のコントロール方法などがあることを知ってしまうと、薄気味悪く、後味が悪い。

ロジックが先では成功はない。
理屈で成功できるなら、現代に生きる老若男女はかなりの数、成功者の列に加わっているはずだ。
むしろ、理論、理屈の外にアイデアも行動も事業も商品もある。
これは歌、音楽、演技、撮影、描画などの表現活動でも同じことが言える。

低額投資家(1000万円以下)や資産収入で生きていける人たちにありがちな、事業計画書がないとダメ、事業参加させてくれないとダメ、なんていうお金のちらつかせ方も気持ち悪い。

そりゃ公的な機関に融資や助成金を求めるなら、カチッとした「誰にでもわかる」ものがいる。
そして、できるなら、こうした考えをまとめる書類は、その道のプロに任せて、面談の練習もプロにならったほうがいい。

なぜかというと、多くの成功したことは、はじめは誰にも理解できないからだ。
そこにお金を投じていける人たちのセンスには常に驚かされるばかり。
例えば、不勉強な投資家や資産家が鼻で笑うような「不老不死の研究」。
しかし、実際には、そのアイデアに莫大な資金が世界中で投じられ、目的の薬はできていないものの、新薬は続々とでき、投資した何千倍も回収できた事例も少なくない。
まったくのヨタばなしであっても、10以上に投資しているうちのひとつが失敗しても、残りのうちひとつかふたつがリターンを産めば問題ない。

成功する人や成功する人に投資をする人は、怪しい話しを聞ける能力がある。
だまされたりひどい目にあったくらいでは折れない再生力を持っている。
批判的であるかどうかは個人差があるが、おおむね無知、未知のことに対しては素直に耳を傾けられる。
知ったかぶりをしないのだ。

逆に言うと、みんなが知っていたり、情報が入手可能だったりする話しには興味がない。
みんなが知っていることに、大きな利益もリターンもないからだ。

そういう誰も理解できないことやモノを、誰にでもわかるようにしていく作業を発案者なり起業希望者が間に挟んでやるだけで、先鋭的で優れた発想はありふれたモノになる。
つまりはコモディティ化しやすく、競争しなくてはいけなくなるので、さらに個性を保つのが難しくなる。
ブルーシー(競合相手がいないか少ない市場)を失う、というのは、その商品、事業、そしてあなた自身が
個性を喪失していくことでもある。

既知のものに利益は少ない。
既知外にそれはある。

言葉の成り立ちは違うが、キチガイと読めるのが趣き深い。

無数に面接をし、新人育成や研修に立ち会ったことがあるが、アルバイトでさえ、理屈がわからないと働けない人が増えていた。
本当に動かない。
簡単なことですら「言われても言われたとおりにしない」のだ。
これは今でも大きく改善されていないだろうことは、チェーン店で働く人を観ればわかる。

ロジックが先では成功はない。
ロジックを優先すると、出世どころか、勤続を続けることも難しい。

まずやれ、なんて言わないが、自分が知らないことは素直に聞く、という練習をしたほうがいいのかもしれない。

そうじゃないと、優れた数々のロジックを活かせる状態に、あなた自身、永遠にならない。


どういうこと?
と思ったら、お問い合わせを。

お店でお話ししますよ。

喫茶柊
渡辺英輔(マスター/総合アドバイザー)
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

MAIL


DCIM2352.JPG


posted by マスター at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。