2017年01月08日

【没記事】青学のような成果は奇跡ではない【なのに長文】

青学のような成果は奇跡ではない。

というような内容の記事を書こうとしたのですが、諸般の事情により没にしました。

本やインタビューなどでもかなりの内容はわかりますが、その通りにやってもうまくいかない、指導する方もされる方も続かない。
それどころか、その内容を否定して元に戻す。
指導されている人たちが離れていく、などの話しを「よく」聞きます。
(絶大な成果が継続的に出ているのに、です)

なので、書いたところで余計なお節介な記事になると思い没にしたというわけです。

同じような話題になりますが、最近、自分の知識を売れるサービスがいくつかできました。
私たちのように専門職としてコンサルタントやアドバイス、コーチ、あるいはコーディネートやファシリテートをするのではなく、一般の人が自分の得意を提示して売り買いするシステムです。

無料〜低費用で利用でき、近年のネット〜SNS〜SMSサービス時代で情報を引き出すことに慣れた人たちにはピッタリのシステムです。

これが本格化しはじめたのは去年くらいからですが、比例するように提供者、購入者、両者からの相談が急増しました。

提供者はお金の取りはぐれという初歩的な相談から、話しを聞いてもらえないという技術的な話しなどが多く、購入者からは買ったものの役に立たなかった、もめた、自分より知識がなかった、など、お金を払う価値がない、というのがほとんどでした。

かなりの数でしたし、電話や来店での相談もありましたが、ひとつも依頼を受けることはありませんでした。
つまり仕事にしなかったわけです。
なぜなら、彼らは知識や技術を売り買いするシステムを利用していながら、その価値をわかっていなかったからです。

知識や技術を売るサービスは個人的に素晴らしいと思います。
理由は省きますが、結果、優良な顧客が私たちにも増えるからです。
伴い、個人事業やフリーランスが
日本以外の先進国(準拠国含む)の1/3程度に増えれば、各地域の生産性や活性化も期待できます。

しかしながら、全体的に見ると、まだまだ知識や技術の個人利用に関してはほとんどの人たちが未熟です。
特に基礎的な関わりあいのすべてについて、後退しているようにすら感じます。

青学のような成果は奇跡ではない、という確信はありますし、なにからどのように取り組むべきかも知っています。
実践している人たちもいます。
正直に書けば脱落者はその何十倍もいます。

本当にはじめに取り組むべきことはなにかを知っていますか?

知ったら実行できますか?

たぶん、奇跡というなら、それらを実行し続けられることなんでしょう。

「成果そのものはおまけみたいなもの」と言った人がいます。

とても本質的な言葉だと思います。

読むとわかった気になるでしょう?
でも、なにかをはじめるとわからなくなります。
そのための専門職がたくさんあるわけです。

うまいこと提供し、うまいこと利用していきましょう。

では、2017年もよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━
あけましておめでとうございます。

渡辺英輔(わたなべえいすけ)です。
大田区下丸子で柊(ひいらぎ)という喫茶店を経営しています。

さまざまなアドバイスのお仕事もしています。

お店でお話しています。
お役立てくださいませ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━
20170108234616503.jpg
posted by マスター at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445721104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック