2016年12月11日

変心

今回のタイトルは恋心ではなく「変心(へんしん)」ですよ。

文系でやってきて理系にかわることを理転、その逆を文転などというそうです。

本当にやりたかったことに気づいて、違う世界に思いきって飛び込む。
こういうのは成功、失敗に関わらずよい変心と言えます。

挑戦しはじめることが変心とも言えます。


一方、悪い変心もあります。

常識やマナー、人への思いやりなどを失い、人を傷つけることにも自分の評価を下げることにも気づけなくなるような変心です。

大事な人や大切なペットが死んだ時より、信頼を裏切られたり、お金がなかったりする時に、そんな心理状態になることが多いです。

その人の本性が出る、とも言えますが、そもそも人は悪を考えながら善行をし、悪行をしながら善行を考えることができます。
善悪を同時に考え、行うことさえあります。
例外はほとんどなく、人間は誰でも、です。

人前や社会で露出させている人格が他人や社会からのあなたの評価になります。
おおむね、この評価を元に人間関係が構築されていき、物事の成功・失敗のプロセスが構成されていきます。

自己評価と他人や社会での評価は違うことが多く、「うまくいかない」を感じさせる原因にもなり悩ましいものです。
当然、隠されている人格や思考は評価されません。
この中でも悪や負の部分が出てしまうことが時としてあります。


さて、善人や正義感の強い人と評価されている人が悪く変心すると、元々悪人とされている人以下に評価しなおされます。
この速度は驚くほど速く、挽回には時間がかかります。

一般人が悪く変心すると、社会的にはたいしたことはなくても、周囲の人の評価はがた落ちになります。

一方、素行の悪い人が少しでもよいことをすると大きく評価を高めることがあります。
私はこのパターンは好きになれません。

いたましい例ですが、学校でいつも掃除をさぼっていたBくんがたまたま掃除をしていたら、担任の先生がほめたそうです。
いつも真面目に掃除をしていたAくんはその日のうちに自殺してしまいました。


良い変心も悪い変心も、そうなっていることに本人が気づいていないこともあります。

お金に目がくらんで人を裏切り、前後の人生を台無しにする人もいます。

悪いことをすると、その後の人生にマイナスの影響があると想像できる人は少なくないと思いますが、それまでの過去も悪い印象になってしまうことが多いものです。

やっかいなのは、チャレンジをしようとしたとき、そういうプラスというか陽の変心をしようとしたり、しはじめたりすると、身内や友人を含む周囲の人や属しているシステム(学校やサークルなど)、あるいは社会そのものがそれを阻もうとすることです。

覚えておいて損がないことを書いておきます。
あなたがどちらの変心をしても、周囲の人、システム、社会は変化させないように機能する、ということです。

それはやめたほうがいい
うまくいきっこない
あなたには合わない

そのアクションが善であれ悪であれ、あなたを変わらせまいとします。

人もシステムも社会も、変化を嫌う傾向が強いのです。

悪の場合はそれで踏みとどまれるのでよい機能とも言えますが、なにかにチャレンジしたいときは、反対されること、批判、否定されることもプロセスに含まれているのだと考えてください。

私はよい変心は好きですよ。

そういう人を応援してきました。

もしあなたが、挑戦をしているのなら、英れていく(すぐれていく)かもしれない人ですので、私は輔け(たすけ)にもなれると思います。

私の名前は英輔(えいすけ)です。本名ですよ。

20161211173638360.jpg


━━━━━━━━━━━
ご来訪ありがとうございます。
渡辺英輔(わたなべえいすけ)です。
大田区下丸子で柊(ひいらぎ)という喫茶店を経営しています。

さまざまなアドバイスのお仕事もしています。

お店でお話しています。
お役立てくださいませ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━
posted by マスター at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

宝くじが当たったら……

ラジオでこんな内容の作文を紹介していた。
書いたのはたぶん、小学生。

宝くじが当たったら、と、売り場の前を通ってつい考えてしまった。

ほしいものが簡単に買えてしまうとすぐ飽きてしまう。

なので3億円はいらない。
ほしいものは自分のお金で買えるようになりたいです。

かいつまむとこんな内容だ。

紹介者もコメンテーターもほめちぎっていて、どうにも私のおさまりが悪くなった。


まず、宝くじは買っていない人は、もしも当たったら、と考える権利がない、と私は考えている。

なぜなら、買った人たちが夢想する時間も含めてくじに参加するのはエンタメである。
そのためのチケット代とも言える。

次にお金=物欲、というのがいただけない。

いや、子供が書くことなので、その子の未熟さや不勉強さには噛みつかない。

問題なのは、これを「良い作文」として選んだ大人たちだ。ダメすぎる。
視野も思考も狭い上に、お金について不勉強だ。

少しでも見識があれば、この作文を選ぶことはないだろう。

うがって考えることもできる。
この作文を選ぶことそのものに作為があるのかもしれない、と。


こんな考え方もある、という例を私にするのは不適当かもしれないが、あえて書いてみよう。

私が突然、大金を手に入れたら。

第一に「捨てるため」に使う。
必要なモノを買うお金はあるが、なかなか環境を整えるために使う、特に不要になったモノを捨てることは難しい。
断捨離って話しではなく、物理的に使わないけど居座ってる大物家電やらなんやらのことだ。

捨てるものが決まっていても、重いし時間を食うし、動かすことで埃がたち喘息が起きるかもしれないし、とか考えると、降ってわいたようなお金で済ましたいところだ。

次に人に使う。
学ぶ、雇う、見込んでいる人に使う。
また、活動、事業などへの広報、広告などに使う。
それは商品などのモノに変わるかもしれないが、自分のモノを増やす使い方ではない。
というか、モノは降ってわいたようなお金ではたいして増えない気がする。
日常の使えるお金で知らぬまに積み重なるものだと感じる。
あくまで私の場合は、だけれど。

さて、ある程度使い途を決めたら、誰かと焼き肉、寿司、しゃぶしゃぶなどなどで散財する。

宴じゃ!食おうぞ!

つまるところ、環境、人に使い、時間を短縮するために使う。

あ。
あとは自分の健康のためにさまざま使うかな。
勉強のための講師、あるいは医師。
よい習慣を獲得するためのトレーナー、とかがいい。


……そう考えると、宝くじが当たってない今と使える金額以外、お金の使い途自体は変わんないじゃないか(笑)


お金には善悪も意思もない。
魔力もなければ人を狂わせるシステム自体でもない。

必死に労働して得たお金も宝くじで当たったお金もおなじお金だ。

お金はお金のまま。
お金で変わるとすれば人間だけだ。


━━━━━━━━━━━
ご来訪ありがとうございます。
渡辺英輔(わたなべえいすけ)です。
大田区下丸子で柊(ひいらぎ)という喫茶店を経営しています。

20161204183452517.jpg

さまざまなアドバイスのお仕事もしています。

お店でお話しています。
お役立てくださいませ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━
posted by マスター at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

なにが最重要かを見誤らないように

新規を求める。
一度離れて行った人に戻ってきてもらう。


最近では、実績や経験はともかく、マーケティングの基礎についてお話しできる人が増え、ウェブや書籍でも学ぶことがとても簡単にできるようになりました。

初歩的なことはすぐにでも取り入れられ、短期的な成果に繋げることも難しくはありません。

マーケティングについてのひとつの例ですが、明らかな間違いを、今年(2016年末)の紅白の出場歌手と郵便受けに投げこまれるチラシに共通点を見いだすことができます。

CDなど販売されるディスクや有料配信でも、その広報から宣伝、販売に至るプロセスに同様のことが言えることが多いです。

それがはじめに書いた二行です。

消費指向の細分化が言われはじめて20年、生き残ったり新興勢力となったりしたのはどんなことをしている事業でしょうか。
逆に消え去ったり硬直化したり業績を沈みこませているのは?


それをするかしないかは大きな差になります。
これから将来に向け、より振り落とす力を強めながら経済そのものを変えていくものだからです。

最近の複雑化したマーケティングの中には、言葉で書けばこういったこともあります。

新規集客も一度離れたお客さんが戻ってきてくれるのも固定のお客さんと無関係な人から。
集客を考えている人にとってはかなりイメージが違った、と思う人もいるんじゃないでしょうか。

近年から現在にかけて、メディアや広告宣伝による認知度アップと集客アップの費用対効果が悪くなっていく一方なのは、その扱い方が圧倒的に下手だったり担当者が素人以下のクズだったりすることも大きいですが、企業や店舗がメディアや広告代理店にとっての消費者にされている現状も大きく作用しています。

これは多くの大学、専門学校にとって生徒が消費者化していることにも通じる状況です。

旧来、とあえてまとめてしまいますが、旧来の効果的と言われてきた方法のほとんどが現在では、それを頼った者を食い物にしています。
就職、起業、デビューなど、さまざまな食われ方をしていて相談者がたえないくらいです。

新しくもない、しかし、不勉強なまま、あるいはちゃんとまっとうに考えない限り気づきもしないさまざまな良いやり方、生き方が世の中にはたくさんあります。

そのほとんどが、旧来のやり方よりもスマートで低費用で行えます。
インターネットやスマホの普及など、デジタルにばかり目を向けていると気づけないことはたくさんあります。

圧倒的低費用で効果的、と言えるものも多いです。

頭にいくつも浮かぶ人は多いでしょう。

そういう人ほど自分にとって成果がもたらされる知識だけがなかったり、行動していないから知識が未完のままだったりするものです。
※知識は得るだけでは意味がなく、行動してはじめて確認されます。

ですから、生き抜いたり続けたりする知恵には到底出来ていないわけです。

考えてない人は考え方から学びましょう。
行動出来ていない人は行動の仕方から学びましょう。
人との関わりに自信がないならそれを学びましょう。

自分の思う自分の弱点の克服や新しい知識や言語や技術なんてのは、これらのずっとずっとあとで時間が余ったらやればいいことです。

この瞬間になすべきことは、今を大切にする。
これにつきます。

会ってもいない人や去っていった人は、今、この瞬間の利益にはならないのです。
今、この瞬間のよろこびや幸福にも関与できません。

不要ではありません。
最重要ではないということです。
ここは勘違いしないでくださいね。



最重要と思わされて経営者や表現者であるべき人たちが消費者、浪費者にならないことを祈念します。


━━━━━━━━━━━
ご来訪ありがとうございます。
渡辺英輔(わたなべえいすけ)です。
大田区下丸子で柊(ひいらぎ)という喫茶店を経営しています。

さまざまなアドバイスのお仕事もしています。

お店でお話しています。
お役立てくださいませ。

喫茶柊
渡辺英輔
東京都大田区下丸子1-14-13

hiiragiproject@gmail.com

━━━━━━━━━━━

20161127200156451.jpg
posted by マスター at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶柊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする